IIJ mio

IIJmio(みおふぉん)でお得に複数契約するコツは?SIMカードの追加やシェアプランを解説!

ここでは、IIJmioで複数契約するさいにお得になるプランがあるかを解説していきます。

IIJmio(みおふぉん)で複数契約する方法は単体プラン2つ以上もしくはシェアプランのいずれか

格安SIMの複数契約を検討するのは、「家族や夫婦で一緒に乗り換えてお得にスマホを利用したい」、「1人でスマホとタブレットの2台持ちだから少しでも通信費を抑えたい」といった理由が多いのではないでしょうか?

IIJmioでSIMカードを2枚以上契約するには「別の名義にして単体プランを複数契約する方法」と「シェアプランを契約して、同じ名義で追加SIMカードを発行する方法」の2つから選択することができます。

ちなみに、IIJmioの3つの料金プランで複数契約できるSIMカード枚数は以下の通りです。

料金プランごとに契約できるSIMカードの枚数

・ミニマムスタートプラン(3GB)、ライトスタートプラン(6GB )…最大2枚(2人までシェア可能)

・ファミリーシェアプラン(12GB)…最大10枚だが、音声通話機能付SIMカードは最大5枚まで

単体契約を複数する場合とシェアプランを利用する場合ではそれぞれメリットとデメリットがあるので、まとめた内容から自分に合った契約方法を選択しましょう。

単体プランを複数契約したほうがお得な場合とメリット

単体プランで契約したほうがよい場合

①毎月1回線あたりのデータ使用量が3GBの場合

②利用者で支払いを分けたい場合などの理由で利用者ごとに名義を分けたい場合

IIJmioでは同一mioIDでも単体プランを複数契約することが可能です。

①の例として夫婦で1人3GBずつ利用する場合は、「ライトスタートプラン(6GB)」にSIMカードを1枚追加してシェアするよりも「ミニマムスタートプラン(3GB)」を2つ契約したほうが基本料金がお得になるのです。

具体的には

1回線の利用可能データ量月額料金※1
ライトスタートプラン(6GB)を2人でシェアした場合
3GB3,300円(税抜)
※2
ミニマムスタートプラン(3GB)を2つ契約した場合3GB3,200円(税抜)
※1音声通話SIMを利用する場合
※2ライトスタートプランの基本料金に音声通話機能付帯料700円と追加SIM利用料400円が加算されている

表にもあるとおり、ミニマムスタートプランを2つ契約したほうが月額料金が100円安くなります。たかが100円かもしれませんが、1年で考えると1,200円ですからそれなりに大きな金額ではないでしょうか。

単体プランを複数契約していても同一mioID(名義が同じ)であれば、みおふぉんダイヤルとファミリー通話割引が効いて通話料が最大60%offになります。

また、状況が変わってもっと利用できるデータ量を増やしたいという場合は、同一mioID(名義が同じ)であれば単体プランをまとめて「ファミリーシェアプラン(12GB)」に変更することができることも覚えておくとよいでしょう。

あまりないかもしれませんが、支払いを分けたいという場合は別々の名義で「ミニマムスタートプラン」の契約をしましょう。

ちなみに、別のmioIDで契約された単体プランをまとめることができないので、別々の名義で契約する場合はその点注意が必要です。

シェアプランを契約したほうがお得な場合とメリット

シェアプランを契約したほうがお得な場合

1回線あたりのデータ使用量が1.5GB未満で少ない場合

12GB以上の大容量プランを利用する場合や家族3人以上で利用する場合(ファミリーシェアパック)

1回線の利用可能データ量月額料金※1
ミニマムスタートプラン(3GB)を2つ契約した場合3GB3,200円(税抜)
ミニマムスタートプラン(3GB)を2人でシェアした場合
1.5GB2,700円(税抜)※2
※1音声通話SIMを利用する場合
※2ミニマムスタートプランの基本料金に音声通話機能付帯料700円と追加SIM利用料400円が加算されている

表のとおり、1回線あたりのデータ利用量が少ない場合は「ミニマムスタートプラン(3GB)」を2つ契約すると料金が高い上に毎月データ量を使いきれずに余らせてしまいます。(データの繰越ができるのは翌月末まで)この場合はミニマムスタートプランにSIMカードを追加し、シェアして使ったほうが500円もお得になります。

また、12GB以上使用する場合は1人でスマホ&タブレットの2台持ちの場合でも家族で利用する場合でも「ファミリーシェアパック(12GB)」がお得です。

家族で使うなら「ファミリーシェアプラン12GB 3,260円(税抜)~」がお得!

家族みんなのスマホ代を安くするなら、家族みんなIIJmioにまとめて「ファミリーシェアプラン」を利用するのが断然おすすめです。

ファミリーシェアプランの詳細

①音声通話SIMカードを最大5枚まで追加できる。(つまり5人まで利用可能

②12GBで3,260円という料金を基本とし、追加された人数(SIMカード)分の音声通話機能付帯料700円がプラスされる。データオプションの20GBや30GBの追加も可能。

③ファミリーシェアプランの場合のみ、3枚目の追加SIMカードまで月額400円(税抜)/枚の追加SIM利用料が不要

④ファミリーシェアプランを利用している家族同士は通話料が最大60%offになる。(30秒8円となる)

⑤家族でデータのシェアでき、余った分は翌月に繰り越しされるので無駄なく使える。

特に③によって月額基本料金が安くなります。

例えば、

4人家族で毎月12GBのデータ量を使用している場合

・ミニマムスタートプラン(3GB)を4つ契約する場合…1,600円×4人=6,400円

・4人でファミリーシェアプランを利用する場合…3,260円+(700円×3人)+(400円×1人)=5,760円

ファミリーシェアプランを利用することで毎月640円も節約することができます。さらに家族間でデータを無駄なくシェアできるのもうれしいですよね。

さらにIIJmio公式無料アプリ「みおぽん」を利用すれば、家族それぞれのデータ使用量やデータの残量をいつでも確認できるので、家族でバランスを見ながら使えますよ。

IIJmioは家族にタイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)がいてもデータシェアできる!

IIJmioはドコモ回線とau回線から選択することができますが、ファミリーシェアパックを利用している回線にドコモ回線とau回線が混在していてもデータシェアができるところがIIJmioの大きな特徴です。

例えば、現在ドコモを利用している家族とauを利用してる家族がいたとしても、それぞれが使っている端末にIIJmioの「タイプD(ドコモ回線)」と「タイプA(au回線)」のSIMカードを差し込めばそのまま使用できるということになります。(事前に動作確認済みの端末かどうかは公式サイトで要確認)

つまり、こういったケースでも家族で乗り換え時にSIMカードを「タイプD(ドコモ回線)」か「タイプA(au回線)」にそろえる必要がないので、希望すればそのままの端末を使用でき、端末購入代を抑えることで乗り換えにかかる費用を節約することができます。

また、機種変更をしないことで写真や動画などのデータやアプリの引継ぎ作業の必要がなくなることも楽ですよね。

IIJmioで少しでもお得に複数契約するコツと注意点

同じ格安SIM会社で複数契約をする場合、とりあえず誰か1人もしくは1回線だけに乗り換えて通信速度などの使い勝手を見てから乗り換えたほうがよいのか、他社からみんなまとめて一気に乗り換えたほうがよいのか、悩むところではないでしょうか?

ここではIIJmioのシェアプランを利用して複数契約をする場合に少しでもお得にするためのコツと注意点をまとめました。

ファミリーシェアプランを利用するなら、家族みんなで同時にIIJmioに乗り換えるとお得で手続きも楽!

結論から申し上げると、IIJmioのファミリーシェアプランに興味があって他社からの乗り換えを検討している場合は、迷わず家族で同時に乗り換えたほうがよいです。

家族で同時に乗り換えたほうがよい理由

①他社での契約の名義が異なる場合でも、家族みんなで同時に乗り換える場合は事前に名義変更をする必要がなく、代表者の名義で統一されるので手続きが楽

契約と同時にSIMカードの申し込みを行う場合、ファミリーシェアプランの場合のみ3枚目のSIMカードまで2000円の追加手数料が無料になる

②について4人家族の場合で考えてみると、先に1名だけIIJmioに乗り換えていたところに他の家族が合流する場合と同時にIIJmioに乗り換えてファミリーシェアプランの契約をする場合ではSIMカードの追加手数料だけでなんと4,000円も差が出てしまうのです。

IIJmioの格安SIMを一度試してから皆で乗り換えると使い勝手や通信速度などを事前に確認できているため安心かもしれませんが、乗り換えに掛かる手間や費用を抑えることを考えたら、家族みんなで一気にファミリーシェアプランに乗り換えたほうがよいということになりますね。

SIMカードの追加の注意点とかかる費用

ミニマムスタートプランとライトスタートプランの場合はSIMカードを2枚まで追加して利用することができます。

ただし、これらの2つのプランの場合は新規申し込みと同時にSIMカードを追加しても追加手数料の2,000円が掛かってくるので注意が必要です。

また、これらの2つのプランにSIMカードを追加して利用した場合は月額400円(税抜)/枚の追加SIM利用料が毎月掛かってくることも覚えておきましょう。

IIJmio(みおふぉん)の複数契約まとめ

IIJmioはデータ使用量が2人で6GB(1人当たり3GB)の場合のみ単体プランを2つ契約したほうがお得ですが、それ以外の場合は基本的にシェアプランを利用したほうがお得です。

家族3人以上で利用するなら、家族みんなで同時にIIJmioに乗り換えて「ファミリーシェアプラン」の契約をすることで、月額料金だけでなく、初期費用として掛かる3枚目までのSIMカードの追加手数料を節約することができるのでおすすめです。

現在ドコモを利用している家族とauを利用している家族がいたとしても、IIJmioはSIMカードのタイプが違っても家族でデータシェアができるので、そのままの端末が使用できて端末購入代が不要になる分、乗り換え時にかかる費用を節約できるのもうれしいですね。

ファミリーシェアプランの利用を検討されている方は特に今回の記事を参考にしてみてくださいね。

-IIJ mio
-

© 2021 格安スマホぴったり会議 Powered by AFFINGER5