IIJ mio

IIJmio(みおふぉん)は口座振替・口座引落しで支払いできる?IIJmioの支払い方法について徹底解説

人気の格安スマホのIIJmio(みおふぉん)で口座振替・口座引き落としができるか、どうかについてこの記事では詳しく解説します。また、その他の支払い方法についても解説します。

IIJmio(みおふぉん)では、口座振替はできない

結論としては、IIJmioの場合の支払い方法はクレジットカードのみです。

つまり、銀行の口座振替やデビットカード、コンビニ払いが使えないため、クレジットカードを1枚も持っていない方はIIJmioを契約する前に準備する必要があります。

こちらの記事では前半にIIJmioのクレジットカード払いの詳細を、後半にクレジットカードがない場合の対処法をまとめました。

IIJmioの支払いに利用できるクレジットカード

IIJmioの支払いに利用できるカードは以下の通りです。

利用できるクレジットカード

VISA、Mastercard、JCB、アメリカンエクスプレス・ダイナース・DC・UC・セゾンカード・イオンカード、楽天カードなどが使用できます。

※海外発行のカードではご利用いただけない場合があります。

国内発行のクレジットカードであれば、ほとんどIIJmioの支払いに利用できると考えてよいでしょう。

支払いに利用するクレジットカードの名義について

IIJmioで支払いに利用できるクレジットカードの名義は「契約者本人」のみです。

例えば、家族みんなでまとめて他社からIIJmioに乗り換えたいが、普段買い物をよく利用する奥様の名義のクレジットカードしか持っていないといった場合は、まずは「ご主人名義のクレジットカード」を作成しましょう。

クレジットカードの中には、セゾンカード(主にららぽーとなどにあるセゾンカウンター)やエポスカード(主にデパートの丸井)など即日発行可能なクレジットカードもあります。

また、同一の名義で複数のプランを契約していてそれぞれ利用者が異なっている場合では、利用者ごとに支払いを分けることはできないので、どうしても支払いを分けたい場合は別の名義で契約する必要があります。

利用料金の請求のタイミングはいつ?請求名は?

IIJmioの利用は月末締めで翌月の7日前後にクレジットカード会社に請求するため、基本的には当月の利用料金の請求は翌々月となるのです。(クレジットカード会社の締め日により多少異なります)

例えば4月分(4月1日~4月30日まで)の利用料金はクレジットカード会社から6月分として請求されます。

ちなみに、クレジットカードの支払明細では「IIJサービス料金」もしくは「インターネットイニシアティブ」と表示されます。「IIJmioモバイルサービス」や「IIJmioひかり」などの各サービス名ではなく、「IIJmioサービス」でまとめた金額の表示です。

IIJmioでは書面の利用明細書の発行を行っていないため、もし各サービスの利用明細を確認したい場合はIIJmioのホームページにログインし、会員専用ページにアクセスして確認することになります。

クレジットカードがない場合の対処法

ここからは、クレジットカードを持っていない場合の対処方法を解説します。

短期の利用ならIIJmioプリペイドパックという手も

電話回線を利用した通話や「ライトスタートプラン」や「ファミリーシェアパック」といったデータプランを利用したい場合は「IIJmioモバイルサービス」に契約し、その場合の支払い方法はクレジットカードのみとなります。

ただし、クレジットカードを持っていなくてもIIJmioを利用する方法がひとつだけあります。それが「IIJmioプリペイドパック」です。

「IIJmioプリペイドパック」とは取り扱い店舗で購入し、「データ通信が利用できる」SIMカード入りパッケージです。つまり、電話番号を使用する音声通話はできません。

最近はLINEアプリでの音声通話機能で電話のようなやり取りも可能ですので、電話番号は不要であるという人もいるのではないでしょうか。

取り扱い店舗にはヤマダ電機、ヨドバシカメラ、Joshinといった家電量販店だけでなく、Amazonなどの通販サイトも含まれているため、どこでも手軽に購入できます。開通手続き後約3分ですぐに利用できるので便利ですね。

「IIJmioプリペイドパック」はデータ量が2GB、販売価格が3,780円(税抜)で利用期間は3ヶ月(データチャージなしの場合)と決まっているので、あくまで短期で利用する場合と考えたほうがよいでしょう。

IIJmioプリペイドパックを利用するときの注意点

「IIJmioプリペイドパック」は短期で手軽に利用できるのがメリットとお伝えしましたが、例えばこんなときに利用するのがおすすめです。

活用例

・普段自宅や職場などのWi-Fi環境下でしか使用していないタブレットを旅行先や長期出張先で使う(地図アプリをカーナビ代わりに使いたい、大きな画面で旅行先の情報を調べたいなど…)

・スマホをお試し利用してもらう目的で自分の使っていないスマホと一緒に「IIJmioプリペイドパック」を家族にプレゼントする(離れて住むお孫さんとSkypeなどの無料アプリで動画通話を楽しみたいなど…)

ただし、「IIJmioプリペイドパック」を利用するうえで、注意しなければならない点もあります。

「IIJmioプリペイドパック」の注意点

・「IIJmioプリペイドパック」の場合はDocomo端末でしか使用できない

「IIJmioプリペイドパック」で利用できるのはデータ通信のみで、電話回線を利用した通話ができないため、固定電話や携帯電話の番号には掛けられない(通話にはSkypeやLINEといった無料アプリを使用)

・コンビニや家電量販店で購入できるクーポンカードを利用すれば何度でもデータ量をチャージできるが、利用期限やデータ量が残っているうちに行わなければならない(期限内であればIIJmioモバイルサービス(月額料金制)への移行も可能)

通常「IIJmioモバイルサービス(月額料金制)」の場合はDocomo回線とau回線を選択できるところですが、「IIJmioプリペイドパック」の場合はDocomo回線のみになるため、使用できる端末もDocomoのみですので注意が必要です。

最後は⑤のクーポンカードでのデータ量チャージについてです。通常「IIJmioプリペイドパック」の開通の3ヵ月後までが利用期限となりますが、利用期限内にクーポンカード(500MB、2GB、5GB、10GB)を購入しデータ量のチャージを行うとチャージ日から3ヵ月後の月末が利用期限日となります。

なお、利用期限日やデータ残量などは「IIJmioプリペイドパック」サポートページにアクセスすればいつでも確認することができるので、定期的な確認がおすすめです。

ちなみに「IIJmioプリペイドパック」を使用して通信速度などの使い勝手がよいと感じて気に入った場合は、開通手続き日もしくはデータチャージ日から4ヵ月後の月末までなら「IIJmioモバイルサービス(月額料金制)」にアップグレードすることができます。

その場合、SIMカード発行手数料としてSIMカード1枚あたり394円(税抜)がかかりますが、通常他社から乗り換える場合に発生する初期費用の3,000円が不要になるので、普通に格安SIMを契約するよりもお得になる可能性があります。

「IIJmioプリペイドパック」は旅行・出張などの短期で利用する場合、IIJmioへの乗り換えを検討している場合に通信速度などを確認するためにお試ししてみたいといった場合に検討してみましょう。

期限内にチャージし続ければずっと利用できますが、その場合はクレジットカードを作成して「IIJmioモバイルサービス(月額料金制)」にアップグレードしたほうが料金的にはかなりお得になります。(ミニマムスタートプラン3GB 900円/月(税抜)~)

どうしても口座振替で支払いたいなら別の会社の検討を!

IIJmioは口座振替ができませんが、クレジットカードの審査が通りにくい方やクレジットカードは作りたくないなどの理由からどうしても口座振替を希望する場合は、口座振替で支払い可能な格安SIMが何社かあるので、抜粋しました。

口座振替OKな格安SIM会社

Yモバイル(全国のワイモバイルショップ、または郵送手続きにて手続き可能)

楽天モバイル(全国の楽天モバイルショップ、またはオンライン手続きにて、手続き可能)

OCNモバイル(カスタマーズフロントへ電話連絡することで手続き可能)

UQモバイル(音声通話SIMの場合のみ、全国のUQモバイルショップにて手続き可能)

BIGLOBEモバイル(データ専用SIMの場合のみオンライン・郵送手続きにて手続き可能)

※詳細は各社のホームページを確認してください

上記の格安スマホ会社が一覧で紹介している記事がありますので、こちらも合わせてご覧ください。

IIJmio(みおふぉん)の口座振替・引き落としのまとめ

IIJmioでは「IIJmioモバイルサービス(月額料金制)」を利用する場合、支払い方法はクレジットカード払いのみで利用料金は基本的に翌々月の請求となります。

ただし、自宅や職場のWi-Fi環境で使っていたタブレットを旅行などの目的により外で短期使用したい場合やとりあえずIIJmioでためしにネットを利用してみたいという方には手軽に購入できてすぐに利用できるIIJmioプリペイドパックの利用を検討してみてはいかかでしょうか?

IIJmioプリペイドパックはデータ量の利用期限があるものの、解約金なしでIIJmioのSIMカードをお試しできるので、通信速度など使い勝手がよければ期限内に「IIJmioモバイルサービス(月額料金制)」にアップグレードして初期費用を抑えて本格的に乗り換えることができるメリットもあるので、IIJmioの利用を考えている場合は覚えておくとよいですね。

-IIJ mio

© 2021 格安スマホぴったり会議 Powered by AFFINGER5