IIJ mio

IIJmioは即日開通できる?MNP転入で他社から乗り換える方法を解説

「今、使っている携帯電話会社から、格安SIMのIIJmio(アイアイジェイミオ)に乗り換えて即日ですぐに使いたい」と思っているのではないでしょうか。

結論から言いますと、IIJmioを即日で開通することは可能です。

ただし、MNPの手続きや申し込みの手間、お得さなどを考えると即日で乗り換えるのは、あまりおすすめできません。

理由については詳しくのちほど解説しますが、しっかりと準備したうえで、インターネットでのお申し込みが便利です。このページのバナーからも申し込むことができます。

この記事では、他社からIIJmioに乗り換えて、即日で開通するためには何をすればいいのかを解説しています。

また、MNP(Mobile Number Portability 携帯電話番号ポータビリティ)の手順も紹介します。

IIJmioの取り扱い店舗で契約すれば、即日開通できる

IIJmioを契約するためには、2つの方法があります。

  • IIJmioの取り扱い店舗に行き、契約する
  • IIJmioの公式サイトで契約する

できるだけ早くIIJmioを契約したいという方は、IIJmioの取り扱い店舗に行くことで、即日開通が可能です。

さまざまな店舗のなかに「即日開通 対応店舗」があり、その店舗で申し込むと、その日からIIJmioを利用できます。

IIJmioの即日開通の対応店舗

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • ヨドバシカメラ

なお、IIJmioは大手の携帯電話会社のような自社の店舗・ショップはありません。

取り扱い店舗でIIJmioの申し込みを行う場合も公式サイトから申し込む場合と必要なものは同じです。

事前に店舗契約のデメリットを理解しておく

先ほど、説明しました通り、IIJmioを即日で利用するためには、対象の店舗に行けば可能です。

しかしながら、デメリットもあることを覚えておきましょう。

店舗契約web契約
即日開通
キャンペーンの適用

店舗契約のデメリットは、やはりお得なキャンペーンが適用されないことです。

IIJmioが過去に行ってきたキャンペーンには以下のものがあります。

  • スマホ端末110円キャンペーン
  • 1GB増量(3ヵ月分)キャンペーン
  • SIMカード再発行手数料無料キャンペーン

これらのキャンペーンが店舗契約では適用されなくなるデメリットがあります。

また、店舗に行ったり、店舗に契約が完了するまで数時間かかったり、休日の混雑時には待つことにもなります。

もしも、自宅でいながら、キャンペーンを利用してお得に契約したいという人は、web契約を検討するのがよいでしょう。

>>IIJmioの公式サイトはこちら

また、もしもweb契約でスマホ端末と同時に契約したら、どれくらいの日数で届くのか、気になる場合には、下記の記事をご覧ください。

IIJmioにMNP転入(乗り換え)する手順

他社からIIJmioに乗り換える場合の基本的な手順は以下の通りです。

  1. 乗り換え前の携帯電話会社からMNP予約番号を取得する
  2. IIJmioの契約プランを選択する(端末を購入する場合は端末も選択する)
  3. IIJmioが提出書類をもとに本人確認を行う(書類に不備がなければ最短1~2日)
  4. 本人確認終了後、IIJmioがSIMカードや端末を発送する(最短で1~2日)
  5. IIJmioオンデマンド開通センターに電話し、開通手続きを行う
  6. APN設定を行う

申し込みに必要なもの・書類

  1. 本人確認書類 本人確認書類としてご利用いただけるのは下記の書類です。いずれか1点をご用意ください。
  • 運転免許証
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 日本国パスポート(「本人確認補助書類」も必須)
  • 被保険者証(国民健康保険/健康保険)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カードまたは外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳(「本人確認補助書類」も必要)
  1. キャリア以外のメールアドレス(gmail、ヤフーメールなど)
  2. 契約者名義のクレジットカード ※デビットカードは不可。
  3. 電話番号をそのまま利用したい場合はMNP予約番号 

同じ即日開通店舗でも「タイプA(au網)」「タイプD(ドコモ網)」の両方を扱っている所と「タイプD(ドコモ網)」しか扱っていない所とあります。

IIJmio の公式サイトの取り扱い店舗の情報を見て、選択したいタイプを扱っているかどうか確認してから行きましょう。

MNP予約番号の取得方法とかかる日数

IIJmioへの乗り換えを決め、必要な名義変更を終えたら、次にやることは「MNP予約番号」の取得です。

各社で取得方法とかかる日数

《即時発行》

①docomo  【取得方法】ドコモ携帯151 固定等0120-800-000へ電話をする 場合によってネットからも可

②au     【取得方法】携帯・固定電話共通0077-75470へ電話をする

③softbank  【取得方法】ソフトバンク携帯*5533 固定等0800-100-5533

④Y!mobile  【取得方法】Y!mobile携帯116 固定等0120-921-156へ電話をする

⑤UQモバイル 【取得方法】携帯・固定共通0120-929-818へ電話をする

《それ以外》

⑥楽天モバイル 【取得方法】ネットから「メンバーズステーション」にアクセス 

  午前10時までに発行申込をした場合は、同日12時ごろに発行
  午前10時以降に発行申込をした場合は、翌日12時ごろに発行

⑦OCNモバイル 【取得方法】携帯・固定共通0120-506-506

  3営業日程度かかる場合がある

MVNO(格安スマホ)は一部だけ抜粋してあります。もし、MVNOから乗り換える場合は事前にMNP予約番号の発行にかかる日数や時間を確認しておいたほうがよさそうです。

大手キャリア(docomo、au、softbank)からの場合はすぐに発行されるので心配いりません。

ただし、MNP予約番号の有効期限は15日間でIIJmioの申し込みをするときに有効期限が7日間残っていなければならないため、なるべく申し込みの直前に取得しましょう。

到着後の開通手続き、APN接続は簡単

開通手続きはIIJmioオンデマンド開通センターに電話し、音声ガイダンスに従うだけです。

IIJmioオンデマンド開通センター:0120-711-122

(年中無休、受付時間は09:00~19:00)

開通手続きの際には「乗り換え対象の電話番号」と「SIMカードの識別番号の下4桁」が必要になります。SIMカードの識別番号はSIMカードの裏面に記載されています。

そして、開通の手続きが完了したら、SIMカードを購入した端末に差し込むと使えるようになります。

その次にAPN接続を行います。

APN接続は端末の設定画面から接続情報を入力することで、IIJmioの通信サービスを利用することができます。Androidとiphoneで設定方法が異なるので、下記にまとめました。APN設定方法

【Android】 

設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→IIJmioを選択

【iphone】 

 ①AppStoreから「IIJmioクーポンスイッチ」をダウンロード

 ②ログイン画面の下にある「設定」を選択

 ③「構成プロファイルのインストール」を選択し、ダウンロードの許可を選択

 ④設定→一般→プロファイルを選択

 ⑤インストールを選択

IIJmioは本人確認書類の提出などの申し込みに不備がなければ。最短3~4日で受け取り可能です!

そして、簡単にできる開通手続きを行えばその日のうちに使えるようになります。

IIJmioの即日開通でMNP転入して他社から乗り換える方法のまとめ

この記事では、IIJmioの即日開通でMNP転入して他社から乗り換える方法について解説しました。

ビックカメラやヨドバシカメラなどにIIJmioの即日開通店舗があり、料金や開通作業を店員さんに確認しながら手続きができます。(店舗によって取り扱う通信網のタイプが違う場合があるため、念のため事前に確認した方が良いでしょう。)

乗り換える前の携帯電話会社のMNP番号取得に時間がかかる場合があります。

店舗に行けば、IIJmioは即日開通が可能です。

ただし、店舗に行くのは手間ですし、待たされたり、お得なキャンペーンが適用されなかったりもします。

>>IIJmioの公式サイトはこちら

>>2022年最新のおすすめ格安SIM・スマホの比較はこちら

-IIJ mio
-