格安SIM

格安SIMでかけ放題無制限がある会社はどこ?注意点と合わせて解説します!

仕事やプライベートで電話をかける機会の多い人は、かけ放題無制限のプランが必須という方も多いのではないでしょうか?

ここでは電話かけ放題無制限プランのある格安SIMや、格安SIMでの通話の注意点について紹介します。

格安SIMのかけ放題無制限プランはある?

キャリアでは当たり前なかけ放題無制限のプランですが、格安SIMで提供している会社は以下の通りです。

  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • イオンモバイル
  • OCNモバイル
  • QTモバイル

次項では、それぞれのかけ放題無制限プランについて詳しく解説していきます。

楽天モバイルのかけ放題無制限プラン 

楽天モバイルは専用の通話アプリ「Rakuten Link」を利用すると通話料は0円です。

そのため使ったデータ容量の分だけ支払いが発生します。

さらにRakuten Linkアプリの通話やSMSのデータ利用量は、月々のプラン料金のデータ利用量にはカウントされません。

しかしアプリを使用せず電話をかける場合は30秒で税込22円料金が発生するため、注意が必要です。

また国内通話のみでなく、海外から国内への通話もかけ放題なのもポイントです。

楽天モバイルのプランはシンプルで、使った分だけの料金が発生するワンプラン「Rakuten UN-LIMIT VI」のみとなっています。

プランデータ容量通常料金(税込)かけ放題込みのプラン料金(税込)
Rakuten

UN-LIMIT VI

1GBまで0円0円
3GBまで1078円1078円
20GBまで2178円2178円
20GB以上3278円3278円

楽天モバイルの公式サイトはこちら

UQモバイルのかけ放題無制限プラン 

UQモバイルでは国内通話24時間いつでもかけ放題のオプションプランが、1,870円(税込)で提供されています。

さらにUQモバイルの通話は専用のアプリを使用する必要がなく、スマホに標準搭載されている通話アプリでかけられるため、通話の方法を変える必要はありません。

UQモバイルにはデータ容量によってくりこしプランS、M、Lの3つのプランがあります。

また「くりこしプラン」の名前のように余ったデータ量を翌月にくりこせるプランとなっています。

プランによるデータ容量、通常料金、かけ放題込みの通話料金は以下の表をご覧ください。

プランデータ容量通常料金(税込)かけ放題込みの料金(税込)
くりこしプランS3GB1628円3498円
くりこしプランM15GB2728円4598円
くりこしプランL20GB3828円5698円

UQモバイルのサイトはこちら

ワイモバイルのかけ放題無制限プラン

ワイモバイルでは通話時間・回数ともに無制限 国内通話がかけ放題の通話完全定額サービスとして「スーパーだれとでも定額(S)」月額1,870円(税込) を提供しています。

また格安SIMには珍しく家族割があり、2回線目以降からは毎月1188円割引になるので、家族で契約する方にはおすすめです。

ワイモバイルもUQモバイルと同様にデータ容量によってS、M、Lの3つのプランに分かれています。

また、現在キャンペーン中で月額550円のデータ増量オプションに加入した場合、オプション料が1年間無料で下記の各プランに5GBプラスできます。

プランデータ容量通常料金(税込)かけ放題込みの料金(税込)
S3GB2178円4048円
S(家族割適応時)990円2860円
M15GB3278円5148円
M(家族割適応時)2090円3960円
L25GB4158円6028円
L(家族割適応時)2970円4840円

ワイモバイルの公式サイトはこちら

イオンモバイルのかけ放題無制限プラン

イオンモバイルは24時間、何時間でもかけ放題無制限のプランを月額1,078円(税込)で提供しています。

しかし通話専用アプリ「イオンでんわ」を使用する必要があり、アプリ以外から電話をかけると税込22円/30秒の通話料が発生します。

またイオンモバイルのメリットは050番号が付与される点です。

これにより、仕事とプライベートで番号を分けた使い方が可能となります。

さらにIP電話だから、アプリをインストールすればイオンモバイル回線以外の端末からでも同じ電話番号で利用できます。

イオンモバイルは「さいてきプラン」と呼ばれるプランを提供しています。

「さいてきプラン」は10GBまで1GBきざみでプランの選択が可能なプランになっており、ぴったり使う分だけのプラン設定が可能です。

プランデータ容量通常料金(税込)かけ放題込みの料金(税込)
音声通話プラン500MB1130円2280円
1GB1280円2358円
2GB1380円2458円
4GB1580円2658円
6GB1980円3058円
8GB2680円3758円
12GB2980円4058円
14GB3580円4658円
20GB3980円5058円
30GB4980円6058円
40GB5980円7058円
50GB6980円8058円

イオンモバイルの公式サイトはこちら

OCNモバイルのかけ放題無制限プラン

OCNモバイルが提供している国内通話が無制限でかけ放題のプランは月額1,430円(税込)です。

またその他にも当月の上位3番号の通話料が自動的に0円になる「トップ3かけ放題」と呼ばれるプランが月額税込935円であります。

「トップ3かけ放題」はプライベートで決まった相手としか長電話しないという方にはおすすめのプランと言えます。

さらにOCNモバイルは電話をかける際、専用のアプリを使わなくてよい点もメリットです。

OCNモバイルは通信容量によってプランが分かれています。

またOCN光モバイル割適用*5OCNの光サービスを利用していると、下記の表の通常料金から毎月200円割引になるサービスもあります。

通信容量・コース名通常料金(税込)かけ放題込みの料金(税込)
1GB/月コース770円2200円
3GB/月コース990円2420円
6GB/月コース1320円2750円
10GB/月コース1760円3190円

OCNモバイルの公式サイトはこちら

QTモバイルのかけ放題無制限プラン

QTモバイルが提供する無制限かけ放題は月額2,750円(税込)です。

しかし通話は QTモバイルアプリからかける必要あるので注意が必要で、アプリ未使用だと30秒で22円の料金が発生します。

金額だけで言えばDプランのdocomo回線がもっとも料金が安いのでおすすめです。

また九州電力ユーザーの方はまとめて安心割に申し込むと、下記の通常料金から毎月110円引きになるサービスがあります。

QTモバイルには回線によってプランが分かれていて、docomo回線のDタイプ、au回線のAタイプ ソフトバンク回線のSタイプの3つがありサービス内容や料金はそれぞれ異なります。

Dタイプ

プランデータ容量通常料金(税込)かけ放題込みの料金(税込)
Dタイプ2GB1100円3850円
3GB1540円4290円
6GB1760円4510円
10GB1980円4730円
20GB2200円4950円
30GB3300円6050円

Aタイプ

プランデータ容量通常料金(税込)かけ放題込みの料金(税込)
Aタイプ1GB利用開始月〜6ヵ月目まで979円3729円
7ヵ月目以降1595円4345円
3GB利用開始月〜6ヵ月目まで1089円3839円
7ヵ月目以降1705円4455円
6GB利用開始月〜6ヵ月目まで1859円4609円
7ヵ月目以降2475円5225円
10GB利用開始月〜6ヵ月目まで2959円5709円
7ヵ月目以降3575円6325円
20GB利用開始月〜6ヵ月目まで5159円7909円
7ヵ月目以降5390円8140円
30GB利用開始月〜6ヵ月目まで7359円10109円
7ヵ月目以降7590円10340円

Sタイプ

プランデータ容量通常料金(税込)かけ放題込みの料金(税込)
Sタイプ1GB利用開始月〜6ヵ月目まで1254円4004円
7ヵ月目以降1870円4620円
3GB利用開始月〜6ヵ月目まで1364円4114円
7ヵ月目以降1980円4730円
6GB利用開始月〜6ヵ月目まで2134円4884円
7ヵ月目以降2750円5500円
10GB利用開始月〜6ヵ月目まで3234円5984円
7ヵ月目以降3850円6600円
20GB利用開始月〜6ヵ月目まで5379円8129円
7ヵ月目以降5610円8360円
30GB利用開始月〜6ヵ月目まで7579円10329円
7ヵ月目以降7810円10560円

QTモバイルの公式サイトはこちら

かけ放題無制限プランで一番安いのは、楽天モバイル

結論からいいますと、かけ放題無制限プランで一番安いのは、楽天モバイルになります。

1GBなら、0円ですし、3GBまでなら1,078円で、他社を圧倒している料金です。

ただし、電話を掛ける際は、専用アプリを使う必要があるので、その点は注意が必要です。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

LINEアプリをお互いに使用すれば通話料は無料

もしも、電話する相手が「LINE」アプリを使っていれば、LINE無料通話の機能を使うことで通話料金が無料になります。

家族同士なら、お互いにLINEアプリを使用していることも多いでしょうから、このLINE無料通話機能をぜひ使ってみましょう。

ただし、通信状況が良くないところでは、音声が途切れる、通話が強制終了してしまう、などのトラブルもおきる可能性がありますので注意しましょう。

格安SIMのかけ放題の注意点

ここではキャリアでの通話とは違う点や、注意点を紹介します。

かけ放題でないプランがある

格安SIMには 何分でも何回でも24時間電話をかけ放題のプランは少ないです。

格安SIMでは1回あたりの通話が5分間や10分間までの限られた時間内であれば、かけ放題といったプランが多くを占めています。

そのため、かけ放題内の時間を超えてしまうと通話料が発生してしまうので、長電話をする方にはあまりおすすめできません。

プランの内容をよく理解して契約する必要があります。

 専用のアプリから電話を掛けないといけない

格安SIM会社の中には専用の通話アプリでの通話であれば、かけ放題と条件があるところがあります。

その場合、専用のアプリから電話をかけないと通話料がかかってしまうので注意が必要です。

アプリ通話で有名なのがLINEですが、LINEのように双方が専用アプリを持っていなくても通話アプリでは通話することが可能です。

通話の音質が落ちる場合がある

大手キャリアは、通話時にキャリアが持つ電話回線を使用するため音質が悪いことは少ないです。

しかし、格安SIMは大手キャリアのように電話回線を使用しての通話ではなく、インターネット回線を使用した通話になります。

そのため格安SIMでの通話はインターネット環境によって通話音質が落ちる場合があります。

かけ放題無制限プランのまとめ

かけ放題無制限プランのある格安SIMは、電話をたくさんかける人にとっては月額の料金を抑えることができ節約になります。

例えば普段インターネットを使用せず電話がメインの使用方法の方は、データ容量の少ないプランを選択し、オプションでかけ放題無制限のプランをつけることで料金を抑えられるでしょう。

それぞれ格安SIMによっておすすめポイントがあるので今回の記事を参考に、ご自身に合った格安SIMに乗り換え、通話料を節約してみてください。

-格安SIM