LINEモバイル

LINEモバイルのエリアはどこ? 速度についても解説

「LINEモバイルって安いけど、ちゃんとつながるのかな?」

「安くてきちんとつながれば文句なし。」

格安スマホを契約する上でこの悩みは避けられないものですよね。

格安スマホの魅力はその圧倒的なコスパの良さと2年縛りなどが無い自由さですが、その中でLINEモバイルは群を抜いてコスパが良いと人気です。

それゆえに、回線速度やきちんと安定して電波がつながるのか、とても不安になるのではないしょうか。

この記事では、LINEモバイルがつながる通信エリアの説明や電波が入りにくい時の対処法などをご紹介していきます。

LINEモバイルの通信エリアは3大大手携帯企業と同じ

LINEモバイルの通信エリアは大手携帯会社であるドコモ、ソフトバンク、auの回線とほぼ同じなのです。

なぜかと言うと、LINEモバイルはこれら3大キャリアから回線の一部を借りているため、遜色なく同じエリアで回線を使うことができるのです。なので「格安スマホだからつながらない」ということはまず起きないと考えて良いでしょう。

今までドコモ、ソフトバンク、auを使っていた方はそのまま同じ回線を使うことができるので、安心ですね。

逆に、今までと違うキャリアを契約しようかと考えている方は、新しい回線でもちゃんと自分が済んでいるエリアがつながるのかを確認するとベストです!

LINEモバイル、どの回線を選んでも料金は変わらない?

まずLINEモバイルは、契約する際に回線を選ぶことができます。そして、どれを選んでもLINEモバイルの料金プランや手数料は変わりません。

違う部分があるとすれば、音声SIM用のオプションの一部です。

ドコモ回線ソフトバンク回線au回線
留守番電話月額無料
(30件保存・72時間保存)
留守番電話プラス月額300円
(20件保存・72時間保存)
月額300円
(100件保存・1週間保存)
月額300円
(99件保存・1週間保存)
グループ通話月額200円
(最大6人まで)
月額200円
(最大3人まで)
迷惑電話ストップ無料
(最大30件)
月額100円
(最大20件)
月額100円
(最大30件)
割込通話月額200円月額200円月額200円
転送電話無料無料無料
国際電話無料無料無料
国際ローミング無料
通話明細月額100円月額100円月額100円

一部を除いて、ほとんどのオプションは同じですが、もしどの回線にしようか迷った時は国際ローミングを使う機会や留守番電話の保存件数なども参考にしてみると良いかも知れません。

特定のエリア状況の確認方法

自分の住んでいるエリアはちゃんとつながるのだろうか?

そんな不安を抱く方には以下の方法で調べてみると、自分の居住区が対応しているか確認できますよ。

LINEモバイル公式ページへアクセス

  1. LINEモバイル公式ページへアクセス
  2. 「はじめに」をタップ
  3. 「つながる安心感」を選択
  4. ドコモ、ソフトバンク、auから検討中のキャリアの「サービスエリアを調べる」を選択
  5. 気になる場所や、住所を打ち込む

基本的にどこでもつながりますが、地方や山岳地帯では電波が対応していない場合もありますので、確認は必須でしょう。

LINEモバイル、通信速度について

どの回線にするかを決めるときの基準の最も重要なものは通信速度ですよね。先程、ドコモ、ソフトバンク、auから回線を選べると言いましたが、通信速度が全く同じというわけでは無いのです。

というのも、それぞれのキャリアから回線を借りているので、利用者が借りた分のキャパを越えてしまうと通信が混戦してしまい遅くなってしまうことがあるのです。

しかし幸い、LINEモバイルは回線増強を毎月行っているため、将来的には改善されることが期待されていますね。

基本的には3大キャリアの回線なのでとてつもなく不便さを感じることはまず無いと言えるでしょう。

時間帯で変化する通信速度

先程、通信速度の低下は混線によって起こるものだとお伝えしました。

これは一時的に起こるもので、一日中速度が低下するというわけではありません。

こんな時に遅くなる

通信速度が遅くなって不便にLINEモバイルを使用しないためには、低速になる時間帯を避けることも有効的です。

そもそもいつ回線が混線してしまうのでしょうか?

ほとんどの場合がお昼の時間帯(12〜13時)や、夕方の時間帯(18〜19時)が混戦しやすく速度が遅くなってしまうようです。

ランチの時間や、帰宅時間などはWi-Fiを使ったりして避けるとストレスを感じることなく携帯を使えるでしょう。

もしくはその時間帯は少しスマホをお休みして本を読んだり、お友達とのおしゃべりタイムにしてもいいかも知れませんね。

つながりにくい時の対処法

もし、それでもつながりにくさを感じたなら以下の事を試してみてください。

  • SIMカードがちゃんと挿入されているかを確認してみる
  • 再起動してみる
  • 機内モードにしてみる
  • APN設定されているか確認してみる

もしこれらを試してもうまく行かない場合は契約した店舗まで行き、直接対応してもらうか、通信エリア圏内であるかを確認すると良いでしょう。

LINEモバイル、地方だとつながりにくい?

基本的に全国を網羅している3大キャリアなら通信エリアに問題はありませんが、その中でもdocomoが山間部にもエリア対応しているので地方でも圏外になりにくいと言われています。

地方など行く機会が多い方や、お住いの方には安定して全国で使えるドコモが良いと言えます。

ソフトバンクは都心部であればあるほどつながりやすく、かつ通信速度が早いため、特に地方に行くことが無い方におすすめですね。

au回線は全国でカバーされている4G LTEエリアが使えますので、富士山の山頂でもつながることができますよ。

LINEモバイルのエリアのまとめ

いかがでしたでしょうか?

携帯を新しくするに際して一番心配になるのはまず通信状況ですよね。

ちゃんとつながるのか、がっても早いのか、ストレスフリーに携帯を使う上でこれらは重要項目と言っても過言ではありません。

まずはしっかり居住区の通信エリアの確認をし、その上で自分が使いやすそうな回線を選ぶことをおすすめします。

これを機にLINEモバイルへの契約はいかがでしょうか。

-LINEモバイル