LINEモバイル

LINEモバイル新規契約の流れを徹底解説します!

LINEモバイルを契約しようと思ってもやり方が分からず不安なものです。ここでは新規契約・乗り換えの流れ、注意点を解説していきます。

LINEモバイルで新しい電話番号は作れる?

大丈夫です。LINEモバイルで新しい電話番号は作れます。

電話番号を引き継ぎたいという方が多くいらっしゃる一方で、今までの電話番号を破棄して、新しい電話番号を取得したいという方もいらっしいます。そのメリットとしては、「不要な電話」「迷惑電話」「営業の電話」を一斉に遮断することができることです。

「仲の良い友だちなら、もうLINEでつながっている。LINE電話を使えば通話料も無料」というわけです。

ただし、当然新しい電話番号を取得した場合には、友達や家族へ知らせたり、webサービスや利用しているサービス、会員情報の登録電話番号はひとつずつ変更する手間は発生します。

LINEモバイルの新規電話番号を発行する際の契約の流れ

  1. LINEモバイルの申し込み
  2. 利用開始手続き(ソフトバンク回線の場合)
  3. APN設定(LINEモバイル以外のスマホを使う場合)

の3つです。

ソフトバンク回線の場合は、契約体系に関わらず②の利用開始手続きが必要です。

LINEモバイルを契約する前に準備しておくもの

  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたはLINE Payカード、LINE Payアカウント
  • 同時購入しない場合はスマホ端末も

本人確認書類として使えるもの

LINEモバイルの新規契約の際に本人確認書類として使用できるものは以下のとおりです。

本人確認書類運転免許証・運転経歴証明書・在留カード・特別永住者証明書・住民基本台帳カード・届出避難場所証明書・身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保険福祉手帳

上記の書類が用意できない場合には、以下の本人確認書類に追加で補助書類が1点必要になります。

本人確認書類日本国パスポート・健康保険証・後期高齢者医療被保険者証・特定疾患医療受給証・特定疾患医療登録者証
補助書類公共料金領収書・住民票

LINEモバイル契約前の注意事項

  • 18歳未満は申し込みできない
  • 20歳未満は親権者の同意が必要
  • 同一世帯で契約できるのは10回線まで
  • 端末保証の申し込みは契約時のみ
  • 日割りで料金計算はできない
  • 初月に解約した場合1ヶ月分の月額料金が発生
  • 音声通話プランは最低利用期間内※の解約は解約手数料が発生
  • 090・080・070のどれになるか選ぶことができない
  • 新しい電話番号で契約する場合は音声通話SIMの一択

※利用開始日から起算し翌月を1ヶ月目と計算して、12ヶ月目の末日まで。解約手数料9,800円(税抜)

電話番号は選べない

LINEモバイルで新規電話番号を発行する場合番号を選ぶことができません。

つまり、090・080・070のどれになるか、その後の番号も選ぶことができないと言うことです。

大手携帯電話会社では番号を選ぶことができますが、LINEモバイルでは選ぶことができませんので注意です。

確定した新しい電話番号は契約したあとに、LINEモバイルの会員ページにあるマイページで確認できます。

音声通話SIMのみで新規電話番号が発行される

データSIM(SMS付き)を選択しても、通話ができる電話番号は発番されません。

初期手数料とその節約

  • 登録事務手数料 3,000円
  • SIMカード発行手数料 400円
  • 端末料金

※税抜

手数料はどの業者でもかかってしまいます。

しかし、LINEモバイルなどの格安SIMではエントリーパックを用意しています。

エントリーパックには登録手数料を割り引くためのコードが入っています。

つまり、これを買うことで登録手数料を節約することができるのです。

おおむね、どの業者のエントリーパックも400円程度なので、パック代金+SIM発行手数料で800円程度に抑えることが可能です。

1 LINEモバイルの申し込み

LINEモバイルの申し込みは、LINEモバイル公式webサイトからできます。

その際に、申し込み区分で「新規番号での申し込み」を選びます。

申し込みは画面に従って進めれば良いだけなので非常に簡単です 。

なお、内容は以下のとおりです。

・プラン選択

・申込者の情報(氏名、住所など)の入力

・本人確認書類の提出

・支払方法の選択

・ログインIDとパスワードの設定

LINEモバイルの公式サイト

2 LINEモバイルの利用開始手続き(ソフトバンク回線のみ)

この手続きはソフトバンク回線で申し込んだ方のみ対象で、ドコモ・au回線の場合は自動で行われます 。

利用開始手続きには

  • 開通窓口に電話する
  • ウェブサイトのマイページで行う

の2つの方法があります。どちらも簡単に完了します。なお、電話の場合は、10:00~19:00(年中無休)に行う必要がありますので、とくにい理由がなければ、24時間できるウェブサイトをおすすめします。

3 LINEモバイルのAPN設定(LINEモバイル以外でスマホを用意した方のみ)

APN設定とは、スマホをLINEモバイルネットワークにつなぐ設定のことを指します。

iPhoneとAndroidでは手順が異なるので注意です。

今まで電話番号をそのままLINEモバイルへ乗り換える場合

次は他社の携帯電話会社から乗り換える場合を説明します。

乗り換えにかかる費用

  • 登録事務手数料3,000円(税抜)
  • SIMカード発行手数料400円(税抜)
  • 1ヶ月分の月額基本利用料
  • MNP転出手数料(乗り換え前の会社に支払う)
  • 解約手数料(乗り換え前の会社に支払う)

大まかな手順

  1. MNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルに申し込む
  3. LINEモバイルへ回線の切り替え手続き
  4. LINEモバイルのネットワーク設定

契約する前に準備するもの

  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたはLINE Payカード、LINE Payアカウント
  • メールアドレス
  • MNP予約番号

MNP予約番号を取得する

MNP予約番号は、現在契約している携帯会社から無料で取得することができます。LINEモバイルから取得するものではないので注意しましょう。

これは、今まで使っていた携帯会社の電話で問い合わせMNP予約番号を取得したい旨を伝えましょう。

また、取得したMNP予約番号には有効期限は15日です。

そして、LINEモバイルはMNP予約番号の有効期限の残りが10日以上ないといけません。

つまり、月曜日にMNP予約番号を取得したら金曜日までに申込みが必要です。

これがないと、LINEモバイルの申込みで審査落ちする原因になります。

LINEモバイルに申し込む

LINEモバイルの申し込みはLINEモバイル公式サイトから行うことができます。

その際に、申し込み区分で「新規番号での申し込み」を選択しましょう

申し込みは画面に従って進めれば良いだけなので非常に簡単です 。

LINEモバイルの公式サイト

LINEモバイルへ回線の切り替え手続き

回線の切り替え手続きを行うと正式にLINEモバイルの契約が始まり、今までの携帯会社との契約は自動で解約になります。

回線の切り替え手続きは、以下3通りです。

  • MNP開通受付窓口に電話する
  • マイページでMNP開通申し込みをする
  • SIMカード到着の3日後午後以降に自動的に開通するのを待つ(ドコモ回線の場合)、MNP予約番号有効期限の最終日に自動的に開通するのを待つ(ソフトバンク回線とau回線の場合)

完了すると「サービス開始のお知らせ」という件名のお知らせメールが届きます。

LINEモバイルのネットワーク設定

この設定を行うと、インターネットが使えるようになります。

LINEモバイルでAndroidスマホをセット契約した方はAPN設定が既にされた状態で本体が届くので、別途設定する必要はありません。

iPhoneを購入した方と手持ちのスマホを使う方は、別途APN設定が必要となります 。

LINEモバイルの新規契約まとめ

ラインモバイルを始めるのはとても簡単。

ただし、新規電話番号を取得するときは電話番号を選べないので注意しましょう。

-LINEモバイル
-