LINEモバイル

LINEモバイルは店舗契約とWEB契約どっちがいいの?メリット・デメリットをご紹介!

格安スマホが登場したおかげで、大手携帯会社での2年縛りや高額な違約金が風化しつつある昨今。特にテレビCMの放映でメジャーとなっているのはLINEモバイルですが、店舗で契約できることをご存知でしたか?

「LINEモバイルってウェブでしか契約できないんじゃない?」

「ウェブで契約するのってなんか不安……。」

「誰かに説明されながら契約したい。」

「店舗とウェブで契約、どっちがお得だろう?」

この記事では、店舗とウェブ上での契約のメリット・デメリットや、どちらがよりお得かをご説明いたします。

LINEモバイル、店舗契約できる?

そもそもLINEモバイルって店舗契約できるのか?

結論、できます。

ウェブ上で契約することが主流ですが、それを不安に思う人も少なくありません。

しかしそれぞれにメリット、デメリットが存在します。是非参考にしてみてください。

店舗契約のメリット店舗契約のデメリット
スタッフに質問できる・説明してもらえる待ち時間が発生する
気になる機種に実際触ることができるスマホのセット購入ができない
店舗独自のキャンペーンに参加できるWEB限定のキャンペーンが適用されない
MNP予約番号の取得を対応してくれるエントリーパッケージが利用できない
即日受け取りできる即日受け取りできない店舗もある
スタッフが手続きをしてくれる
WEB契約のメリットWEB契約のデメリット
店舗に行かなくて良いスタッフに直接相談できない
契約までの待ち時間が発生しない手元に届くまで待たなければならない
WEB限定のキャンペーンが適用される気になる機種に触ることができない
自分で手続きをしなければならない

それぞれに長短がありますが、店舗で契約する上での最大の魅力はスタッフの方と直接話せて、説明を納得できるまで受けることができる、というのが大きいのでは無いでしょうか。

スマホやパソコンが苦手な方には店舗で契約するのをおすすめします。

どれが一番自分のストレスにならないかを良く吟味してみるとスムーズな契約ができそうですね!

LINEモバイル契約できる店舗一覧

以下がLINEモバイルを契約できる店舗の一覧です。

しかし、店舗によって即日受け渡しカウンターがあるお店や、取り扱っている回線も違う場合がありますので、しっかりとリサーチをすることをおすすめします。

家電量販店

エディオンケーズデンキコジマ
ジョーシンソフマップノジマ
ビックカメラベスト電器ヤマダ電機
ヨドバシカメラ

携帯販売店

C smartWonder GOOiPhone Repair
select SIMアリマス本舗カメラのキタムラ
ゲオスマートフォンパラダイスダイマック
ツタヤテルルテレウェーブ
トップ1パナピットアザミパレットプラザ
モバイルマッハモバワン携帯の王様

LINEモバイル 店舗に必要な持ち物

LINEモバイルを店舗で契約する際、持参しなければならないものが4つあります。

本人確認書類

まずは、免許証やマイナンバーカードなど、条件を満たした身分証明書のうち、一つが必要になります。

  1. 運転免許証
  2. 運転経歴証明書
  3. 日本国パスポート+補助書類
  4. 健康保険証+補助書類
  5. マイナンバーカード

など、その他に本人確認書類をお持ちであれば、持参ください。

補助書類とは、公共料金領収書や住民票を指します。

クレジットカード・LINE PAY

続いて支払い方法の決定についてです。

LINEモバイルの月々の支払いにはクレジットカードかLINE PAYカードが必要になります。

通常、大手携帯会社で契約をする場合には銀行の口座振替で支払いますが、LINEモバイルではできませんので必ずクレジットカードかLINE PAYをお持ちください。

またLINE PAYがあればLINEモバイルを契約できますので、クレジットカードが無い方にとってはハードルが低くなるのでは無いでしょうか。

メールアドレス

3つ目はメールアドレスについてです。LINEモバイルの申し込みの際にはメールアドレスの登録が必須です。

大手携帯会社からの乗り換えをされる方は、LINEモバイルに契約すると携帯会社のキャリアメールが解約され使用できなくなります。(例:@docomo.ne.jp/@ezweb.ne.jp/@softbank.co.jp等)

それを踏まえて、登録するメールアドレスはGmailやYahoo!などフリーメールを登録することをおすすめします。

MNP予約番号

最後はMNP予約番号についてです!

MNP予約番号とは他社から乗り換える時、携帯番号をそのまま使えるようにするために必要です。

取得方法は契約中の携帯会社に電話することで簡単に取得することができます。有効期限は取得から15日間ですので、MNP予約番号を取得したらすぐに契約すると良いかも知れません。

以上4つのがLINEモバイル契約に必要な持ち物でした。契約に行かれる際は忘れずに持参下さい!

LINEモバイルの契約は、WEB上での契約のほうがお得!?

ここまで店舗でLINEモバイルを契約することについてご紹介して来ましたが、実はWEB上からの契約の方がお得かもしれません。

というのも、WEBからの契約だとLINEモバイル公式ページで行っているWEB契約限定のキャンペーンに参加できなくなってしまうからです。

例えば、公式ページにて申し込みする際にキャンペーンコードを打ち込む事でLINEポイントをゲットできるようなキャンペーンは店舗では参加できないからです。

もしLINEポイントが取得できないことがもったいないと感じる方には、WEBからの契約がおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

LINEモバイルをこの機に思い切って契約したい、だけどパソコンやスマホが苦手で不安、WEBからの契約だとわからないことだらけ、誰かに説明を聞きたいと思う方には店舗での契約が良いでしょう。

しかし、わざわざ店舗におもむいて待つより、自分のペースで進めたいという方にはWEB契約が良いでしょう。

前述のとおりWEB契約だと多くのキャンペーンに参加することができるというメリットがありますが、店舗でも独自のキャンペーンをおこなっているところもあります。

しかし、それぞれでキャンペーンは都度変わってしまうので、公式ページにてどんなキャンペーンがあるのか、店舗ではどんなキャンペーンが行われているのかをしっかりリサーチする事をおすすめします。

この機会に、自分に合ったやり方でスムーズにLINEモバイルを始めてみてはいかがでしょうか。

-LINEモバイル

© 2021 格安スマホぴったり会議 Powered by AFFINGER5