格安スマホ

LINE MUSICで通信量を気にせずに使用する方法

LINE MUSIC等の音楽のストリーミングサービスは、非常に便利なサービスですが、再生にはデータ通信量を消費します。そのため、格安simのデータ通信量では、使い切ってしまう可能性もあります。この記事では、音楽ストリーミングサービスとデータ通信量の関係を考察していきます。

LINE MUSICとは

LINE MUSICの概要

LINE MUSICとは、SNSで有名なLINEが提供している音楽ストリーミングサービスです。

月額料金も、980円(税込)と安く、契約しやすい金額です。曲数も7100万曲とかなりの曲数を配信しています。

LINE MUSICの曲は、LINEのプロフィール画面に使用でき、music videoなどもプロフィール画面で再生することができます。

曲のボーカル音を消すボイスカット機能と歌詞表示機能を使用することで、簡易的にカラオケもできるなど、非常に便利なアプリです。

LINE MUSICの解約

LINE MUSICを解約した場合、その月の月額料金は日割りになりません。

そのため解約したいときは、その月まで利用するものと思って、前もって解約しておくようにしましょう。

LINE MUSICで消費するデータ通信量

LINE MUSICは前述の通り、オンラインでの音楽のストリーミングサービスなので、どうしても、データ通信量を消費してしまいます。

では、実際どのくらいのデータ通信量を消費するのでしょうか。

正確なデータではありませんが、参考値として紹介いたします。

アプリのダウンロードから再生まで

Y!mobileのAndroid端末、AQUOSsense4basicを使用し、初めてLINE MUSICを使用してみました。

今回の検証では、アプリのダウンロードからログインを行い、そのままLisaの「炎」を1曲再生しています。

その結果、設定アプリのモバイルデータ使用量を確認すると、LINE MUSIC一つで、11MB消費していました。

この結果は、ログインなども行っているので、純粋な1曲の再生時の通信量とは異なります。

1曲のみの再生

そのため今度は、同一の曲を再生のみしてみました。

その結果、先ほどの11MBから3.89MB増加していました。

このことから、3.89MBが1曲再生した場合のデータ通信量であることが分かります。

今回使用したLisaの「炎」は、検索する手間も少ないので、検索によるデータ通信量の消費を最小限に抑えています。

LINE MUSICで消費するデータ通信量を節約する方法

LINE MUSICでは曲をダウンロードしてから聞く

LINE MUSICでは、前述の通り、音楽のストリーミングにデータ通信量を消費してしまいます。

しかし、その消費するデータ通信量を最小にする方法があります。

それが「ダウンロードして再生する」という方法です。

LINE MUSICには、音楽のダウンロード機能があり、Wi-Fiの整っている環境で事前にダウンロード

しておくことで、外出先で音楽を再生する際のデータ通信量を最小にすることができます。

自宅にWi-Fi環境が整っている方は、それがベストですが、一人暮らし方など自宅にWi-Fi環境の整っていない方も多いでしょう。

そういった方は、近年ではWi-Fi環境の整っているカフェや公共施設等が多くあるため、そういった店舗を利用すると良いでしょう。

LINE MUSICのデータ消費を気にせずに利用したならこの格安スマホがおすすめ

LINEモバイル

LINEモバイルは、その名の通り、LINEが提供している格安simです。

LINEモバイルには、SNS音楽データフリーというオプションサービスがあります。

このSNS音楽データフリーは、LINEなどのSNSと音楽配信サービス利用時のデータ通信量がカウントされないというオプションサービスです。

通常の月額料金に528円(税込)を追加することで、利用することができます。

データ通信量がカウントされないため、LINE MUSICが完全に使い放題になります。

ビッグローブモバイル

ビッグローブモバイルには、エンタメフリー・オプションがあります。

このエンタメフリー・オプションは、公式サイトでは、「定額料金でデータ通信量の制限なく、YouTubeなど対象の動画や音楽が楽しみ放題になる、スマホ向けオプションサービスです。」と紹介されています。

この対象サービスにはLINE MUSICも含まれているため、LINE MUSICも聞き放題で利用することができるのです。

しかし、このエンタメフリー・オプションには一つ注意点があります。

エンタメフリー・オプションは前述したLINE MUSICのダウンロード機能と、動画の視聴には対応していません。

これらの機能を使用してしまうと、データ通信量を消費してしまうため、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか、LINE MUSICのストリーミング再生には、データ通信量を消費します。

しかし、ダウンロード機能や、データ通信量をカウントされないオプションサービスを使用すると消費するデータ通信量を抑えることができます。

LINE MUSICを格安simで利用する予定にある方は、ぜひ試して見てください。

-格安スマホ
-

© 2021 格安スマホぴったり会議 Powered by AFFINGER5