LINEMO

LINEMOのお得な申し込みタイミングは月末!

LINEMOには、支払いのシステム上においてお得に使うための申し込みタイミングが存在します。

結論からいうとLINEMOは月末に申し込むと日割り計算により初月料金がグッとお安くなります

新規契約の方や、MNP転入の方、また開通手続きの方法でもそのタイミングは変わってきます。

月々の支払いが安く済ませられるLINEMOをせっかく申し込むのであれば、できるだけ初月からお得に使いたいですよね。

今回はLINE モバイルをできるだけお得に使うための申し込みタイミングの方法を新規契約&MNP転入の2パターンで紹介!またそれぞれのパターン&ソフトバンクからの乗り換え注意点について解説していきます!

LINEMOの申し込みはできるだけ月末にするとお得に

LINEMOの初月携帯の月額基本利用料は日割り計算

LINEMOの初月携帯の月額基本利用料は日割り計算となっています。

なので、LINEMOはできるだけ月末に契約するといいでしょう。

さらに、月末契約をしたことで余ったデータ容量は次の月に繰り越せます。

初月に12GBのプランを契約すれば携帯代は日割りで安くなるうえに、データも次の月に持ち越すことができるのです。

例えば下記のプランを4月29日に利用開始したとします。

  • 音声通話SIM(電話もネットも使用できるSIM)の12GB 月額3,680円

3680円÷30日×2日なので、初月の月額基本使用料金は244円となります。

そしてデータプランの変更はいつでもできますので、次の月にあなたのお好みのデータ容量に変更をしましょう。

月末に12GBのプランを契約し、データを来月に持ち越してプランを変更するのがお得な使い方といえますね!

とはいえ申し込みから審査、発送までが月末に出来るとは限らないので20日ごろから余裕をもって申し込みをしましょう。

3パターン別の利用開始日(課金開始日)

利用開始日とは

利用開始日とはLINEMOの料金が発生し始める日のことです。

開通手続きを行ったその日が利用開始日になることがほとんどですが、契約の方法によっても利用開始日が変わってきます。

LINEMOはこの利用開始日をできるだけ月末にすることで、日割り計算により初月の基本料金をグッとお安くすることができます。

3パターン別の利用開始日

新規番号での契約

  • 発送完了のお知らせが来た翌々日

新規契約の方は開通手続きが済んだ状態で発送されますので、開通手続きを行わない代わりに発送完了のお知らせ通知が来た翌々日が利用開始日となります。

(例)3月25日に発送開始のお知らせ⇒3月27日が利用開始日

ここで注意点なのですが、手元に届いてない状態でも課金開始になる可能性があります。

これは発送する地域によっては、2日以上かかる場合もあるからです。 

LINEの公式HPにエリア別の発送日数が掲載されておりますので、新規契約の方はご確認ください!

MNP転入での契約

MNP転入での利用開始日は開通の方法で変わります。

※MNP転入の方は開通手続きが必須の作業となります※

  • 即日開通(契約者自身で手続き)
  • 自動開通(なにもせず自動で手続き)

この2つの方法で利用開始日が決まります。

自動開通⇒MNP有効期限の最終日が利用開始日
即日開通⇒開通手続きが完了した日が利用開始日

店舗での契約

店舗で契約した方は、契約した当日が利用開始日になります。

3パターン別の申し込みタイミングの目安

新規番号での契約

新規番号での契約の方は25日~28日での申し込みが良いでしょう。

しかし28日に申し込みをする場合はスムーズに申し込みが完了した場合です。審査などに不備があった場合、次の月にまたいでしまう可能性があるので、余裕をもって20日~25日あたりに申し込みをするのが無難です。

心配な方は月末の10日前ぐらいにしましょう。多少早めに申し込んでも日割りは十分効きますし、月を跨ぐ心配もありません。

MNP転入での契約

MNP転入の方は開通方法によって変わります。

自動開通の方は月の真ん中(10~15日)に申し込みをすることで月末にMNP有効期限が切れます。

そうすると月末に利用開始日が来るように調整することができるのです。(MNO有効期限は取得から15日間)

しかし忙しくて開通手続きができない方にはよいですが、15日の申し込みだと契約の進行状況によっては月を跨ぐ可能性があります。

なのでその場合は、10日~13日の早めに申し込みをしましょう。

即日開通の方は25日~28日あたりでも良いと思われます。月末ギリギリに手元に届いても即日開通であればその日が利用開始日となります。 

しかし発送日数によっても手元に届く期間が変わりますので、1週間ほどかかりそうな場合は20日頃に申し込みましょう。

店舗での契約

店舗での契約は月末日でも大丈夫です。契約当日が利用開始日になりますので、最も月末に契約を結びやすい方法ではないでしょうか。

しかし申込書類の不備や記載内容によっては契約が当日にできない可能性もありますので、月末から1日~2日前に店舗に訪れるのが確実でしょう。

LINEMO契約前に大手キャリアの締め日に注意

課金開始日が前キャリアの締め日を過ぎないように

LINEMO は月末に契約するのがお得だと先ほどお伝えしましたが、ここで注意点があります。

それは LINEMO の課金開始日が大手キャリアの締め日を過ぎないようにすることです。

MNP転入で LINEMO を契約する方は特に注意なのですが

  • 前キャリアの解約日=LINEMOの利用開始日(課金開始日)

なので、前キャリアの締め日を1日でも過ぎて契約してしまうと1か月分の利用料金が発生してしまうのです。

大手キャリアの多くは日割り計算がないため、人によっては10,000円近くの損となってしまいますよね。

大手3社の締め日を確認

前述のとおり、 LINEMOの利用開始手続きをした当日が前キャリアの解約日となります。

↓ここで大手キャリア3社の締め日を確認↓

CHECK!

docomo・auの締め日=月末

Softbankの締め日=10日、20日、月末

docomo・auは基本的に月末締め、Softbankの締め日は契約時によってさまざまです。

なのでSoftbankの方は、 LINEMO 契約の前に締め日の確認をしましょう。

締め日別による申し込みタイミングの目安

docomo、auは締め日が基本的に月末でした。しかしソフトバンクは締め日がそれぞれ違います。

docomo・auの方は月末締めの部分を、Softbankの方はご自身の締め日を確認してから参考にしてください。

例として4月から利用を開始する場合、

目安の申し込みタイミング

月末締め⇒3月1日~3月31日が請求期間⇒余裕をもって3月20日あたりに申し込み

10日締め⇒3月10日~4月10日が請求期間⇒3月25日あたりに申し込み

20日締め⇒3月20日~4月20日が請求期間⇒3月25日あたりに申し込み

上記のように4月から利用開始したい場合、10日&20日締めの方は締め日を過ぎることはほとんどないと思われます。なので25日あたりに申し込みをするのも良いでしょう。

ですが、月末締めの方は3月31日を1日でも過ぎて契約をしてしまうと前キャリアの携帯料金が丸々1か月分かかってしまいます。(大手キャリアの基本料金に日割りはありません!)

なので、docomo・au・一部のソフトバンクの月末締めの方は、余裕をもって20日あたりからの申し込みをおすすめします。

LINEMO の申し込みのタイミングまとめ

LINEMO の申し込みタイミングについて以上のことをまとめますと

  • LINEMOは月末に申し込みをすると日割り計算で基本料金が安くなる
  • 初月は12GB等のデータ容量の大きなプランで余った分を次月持ち越し⇒希望に応じてプラン変更
  • お得に申し込むには⇒利用開始日をできるだけ月末に来るようにする
  • 利用開始日は契約の方法によっても変わってくる
  • 新規契約の方は発送から到着までの日数を確認
  • 他社から乗り換え(MNP転入等)の方は、前キャリアの締め日を過ぎないように申し込みタイミングを調整する必要がある。(場合によっては損をする)

LINEMO の公式サイトはこちら

結論⇒契約方法や開通方法によっても変わるが、20日前後がよい

いかがでしたでしょうか?

結論といたしましては余裕をもって20日あたりに申し込むのをおすすめします!

LINEMOをお得に申し込むタイミングは契約方法や開通方法で変わってくることがおわかりいただけたかと思われます。

月の下旬に契約でも間に合う方もいれば、中旬(10日~15日)に契約する方法がよい方とさまざまです。

あなた自身の申し込み方法等をいま一度確認してから申し込みのタイミングを検討してみてくださいね!

-LINEMO
-