ジャパンネット銀行のデビットカードは格安スマホで契約できるのかを解説

格安SIM・格安スマホ

PayPay銀行のデビットカードは格安SIMで契約できる?ランキングで紹介します

多くの格安SIMで契約する場合には、クレジットカードが必要になります。しかしながら「クレジットカードは持っていない」あるいは「クレジットカードは使いたくない」という方もいるでしょう。

この記事では、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードで格安SIMの契約はできる?と疑問を持っている人のために情報をまとめました。

また、 スマホのQRコード決済である「PayPay」で支払える格安SIM会社も紹介してきます。

2021年4月5日にジャパンネット銀行は、PayPay銀行に名称変更されました。

デビットカードとは?

PayPay銀行デビットカード

まず、デビットカードって何というところですが、デビットカードはクレジットカードのように、ネットのショッピングや店頭で使えるカードです。

クレジットカードとは違いとしては、基本的には審査が不要で、15歳以上であれば誰でも簡単に申し込みます。

よくあるのが、国際ブランドのデビットカードです。VISA やマスターカード、JCBがデビットカードになっているカードが広く普及しています。

デビットカードは使用した直後に銀行の残高を引き落とす仕組みになっており、銀行の残高にお金がないと、支払うことができず、支払いエラーが発生します。

今回は、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードで支払いができる格安SIMについて解説します。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードで契約できる格安SIMのおすすめランキング

ジャパンネット銀行のデビットカードは格安SIMで使える格安SIM会社はあります。今回はランキング形式で紹介します。

デビットカードで契約できる格安SIM 1位:ワイモバイル

ワイモバイルの特徴は以下の通り。

  • ソフトバンクの通信網を利用しているため、通信が安定
  • ネット回線のソフトバンク光やSoftBank Air、家族割などの割引が豊富にある
  • Yahoo! プレミアムが無料で利用できる
  • ワイモバイルの店舗も多くサポートが受けられる
  • eSIM対応機種(iPhone XR以降)なら最短当日利用(およそ1時間ほど)が可能

余談ですが、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))はワイモバイルと同じグループ会社に入っているため、このような支払いができるようになっているのではないかと考えられます。

ワイモバイルの公式サイトを見る

デビットカードで契約できる格安SIM 2位:mineo(マイネオ)

mineoでは「デビットカードでの支払いができる」、としていますので、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードでの支払いが可能です。またそのほか、プリペイドカードでも支払いが可能です。

そのほか、人気の理由は以下の通り。

  • au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリアに対応し、今、使っている端末がそのまま使える
  • 端末は、新しくiPhoneをも購入もできる。しかも、分割支払いなら、端末の支払いは月々2,000円前後
  • 当月に使い切れなかったパケットは、容量に制限なく全て、翌月に自動で繰り越しされる

mineo公式ページを見る

LINEMO(ラインモ)でもデビットカードで契約できる

厳密にいうと、LINEMOは格安SIMではありませんが、料金は、格安SIMと同等の料金帯。

LINEMOは明確に「VISA、Mastercard、JCBのマークがついているデビットカードの利用が可能」としています。ただし、銀行キャッシュカードを利用する「J-Debit」利用できません)

LINEMOはソフトバンクのサブブランドとして誕生。

特長は「LINEのトークも通話も、データ通信量を気にせず使い放題できる」ことです。

また、eSIM対応だから、対象の機種ならSIMカードが不要、つまりSIMカードの郵送がなく、すぐにLINEMO回線を利用することができます。

LINEMOの公式サイト

番外:UQモバイル

UQモバイルでは、デビットカードの支払いができるとは明記していません。つまり、事前に使えるか確認する必要がありますね。

デビットカードの月額料金お支払いへのご利用は、発行カード会社の基準によります。

UQモバイル公式サイト

しかしながら、多くの一般サイトやTwitterでは、「PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードはUQモバイルで支払いができる」と記載がありましたので、おそらく使える可能性は高いと考えられます。

UQモバイルの公式サイトを見る

番外:OCNモバイルone

OCNモバイルoneに関しては、公式サイトではデビットカードでの支払いはできない、と記載されていますが、SNS等で調べてみると、一部のデビットカードは使えるようです。

また、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードもOCNモバイルoneで問題なく使えるとの情報も確認できました。

結論としては、ONCモバイルoneでは、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードは使える可能性があると思います。

OCN モバイル ONEの公式サイトを見る

デビットカードでスマホ端末の代金を分割で支払うことは可能?

結論から言うと、デビットカードで分割の支払いはできません。

デビットカードで買うときは、即時、銀行口座から一括引き落としになることを覚えておきましょう。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB)のデビットカードが利用できない主な格安SIM会社一覧

以下の格安SIMでは、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))を含めたすべてのデビットカードで契約することができませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

「楽天モバイル」では、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB)のデビットカードは使えないが、楽天銀行デビットカードなら使える!

楽天モバイルでは、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードは使えないと公式サイトに明記されています。

楽天モバイルで使用できるデビットカードは、「楽天銀行デビットカード」と「スルガ銀行デビットカード」です。

「LINEモバイル」ではデビットカードが使えない

LINEモバイルでは、デビットカードは使用できません。

LINEモバイルでの支払いは、「クレジットカード」か、「Visa LINE Payプリペイドカード」と「LINE Pay カード」になります。

「イオンモバイル」ではデビットカードが使えない

大手スーパーのイオンが展開するイオンモバイルですが、デビットカードおよび、口座引き落としでの支払いはできません。

クレジットカードのみの支払いとなります。

「IIJmio(ミオ)」の支払いはクレジットカードのみ

IIJmioでは、デビットカードで契約することはできません。支払い方法は「クレジットカードのみ」となっています。

IIJmioで口座振替できないのはウソ?デビットカードの支払い方法も解説

人気の格安スマホのIIJmio(アイアイジェイミオ)で口座振替・口座引き落としができるか、どうかについてこの記事では詳しく解説します。 また、その他の支払い方法についても解説します。 IIJmio(み ...

続きを見る

「BIGLOBEモバイル」の支払いはクレジットカードのみ

BIGLOBEモバイルについても、デビットカードで契約することはできません。基本的な支払い方法は「クレジットカードのみ」となっています。なお、口座振替を選択できるのは「データ通信専用SIM」だけとなっています。

こちらもあわせてご覧ください。

BIGLOBEモバイルの支払方法でデビットカード支払い、口座振替やコンビニ払いはできる?

格安スマホ、格安SIMで人気のBIGLOBEモバイルへ乗り換えを検討してるけれど、支払方法は選べるの?と疑問に思っていませんか? 結論からお伝えしますと、BIGLOBEモバイルでは「クレジットカード払 ...

続きを見る

「Y.U-mobile(ワイユーモバイル)」の支払いはクレジットカードのみ

ヤマダ電機とU-NEXTとの合弁会社(U-NEXT51%、ヤマダ電機49%出資)として2017年に、スタートしたY.U-mobile(ワイユーモバイル)。

Y.U-mobileについても、デビットカードで契約することはできませんし、銀行口座振替もできません。

つまり、支払い方法は「クレジットカードのみ」となっています。

「日本通信」の支払いはクレジットカードのみ

日本通信についても、支払い方法は「クレジットカードのみ」となっています。

デビットカード、プリペイド型クレジットカードでは支払いができないと、公式サイトで明示されています。

クレジットカードを作ることも検討を!使いすぎ防止には利用限度額の引き下げ設定がおすすめ

様々な理由でクレジットカードを持っていない人がいますが、クレジットカードはいろいろなものがあることをご承知でしょうか?

例えば、「クレジットカードは使いすぎてしまいそうだからこわい」と思っている方には、楽天カードがおすすめです。

楽天カードなら、最低利用限度額を5万円に設定することができますので、使いすぎてしまうということをある程度回避することができます。

もちろん、他カードでもの最低限度を下げることが可能ですが、その金額はカードによって異なります。

比較的作りやすいクレジットカード

また、クレジットカードの審査に落ちてしまったという人は、改めて別のクレジットカードで作ってみてはいかがでしょうか。

  • 楽天カード
  • イオンカード
  • セゾンカード

例えば、イオンカードやセゾンカードは比較的審査が優しく、学生でも作ることができます。

クレジットカードなら、iPhoneなどに登録して、ApplePayで支払うことも可能です。そして、クレジットカードは自宅に置いたたままで大丈夫です。

格安SIMで銀行口座振替は可能!意外と知られていないデメリットもくわしく解説!

格安SIMは基本的にクレジットカード払い ほとんどの格安SIMは契約するためにクレジットカードが必要です。 クレカ払いによって未払いリスク・回収コストを減らすことによって格安な値段を提供しているため、 ...

続きを見る

公式サイトの記載と異なることも!PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードを試すことをおすすめ

デビットカードの支払いに関しては、様々な情報が行き交っているいるのも事実です。公式サイトでは、デビットカードは使用できないと明記されているものの、実際SNSなどでユーザーの声を見てみると、「契約できた」という情報が確認できました。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードを試す方法

公式サイトにはデビットカードは使用できないとされていたとしても、一度、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードで登録してみることも検討してみましょう。

場合によっては何も問題なく登録でき、そのあと、支払いができることもあります。もしも登録しようとしてエラーと表示されても、何かしらの違反ということではありません。

なぜ、デビットカードが使用できない格安SIMがある?

デビットカードはクレジットカードとは違い、支払いと同時に登録している銀行口座の残高から引き落としされる仕組みになっています。しかし、銀行口座にお金の残高がないと引き落としすることができず、お金の支払いがされないわけです。

そうなると、格安SIM会社側としては、支払い遅延のリスクが発生します。また、そのことを契約者に通知し、支払いをするように要求する必要があり、その事務処理にコストがかかるという理由からデビットカードの使用ができないようにしていることが考えられます。

その点クレジットカードであれば、確実に支払いが実行されるのです。そういう理由から、格安SIM会社はデビットカードでの支払いをできないようにしているというわけです。

PayPay残高なら銀行口座からチャージして支払える!

QRコード決済としてよく知られるPayPayなら、ワイモバイルとLINEMOの月額料金を支払うことができます。

これなら、クレジットカードを使わずに支払うことができます。

銀行口座→PayPay→月額料金の支払い という流れです。

詳しくは、↓こちらの記事をご覧ください。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードが使える格安SIMまとめ

ご紹介したとおり、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードはワイモバイルとmineoで登録ができるとしています。また、UQモバイル、ONCモバイルoneでも使える可能性が高いでしょう。ぜひ参考にしてください。

下記、一覧にまとめました。

格安SIM会社PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行(JNB))のデビットカードで契約できるか?
ワイモバイル
mineo マイネオ
楽天モバイル

× 
楽天銀行デビットカード、
スルガ銀行デビットカードならできる

UQモバイル△ 
公式にはできないと明示。
ただし実際にはできるという声もある
OCN モバイル△ 
公式にはできないと明示。
ただし実際にはできるという声もある
LINEモバイル×
イオンモバイル×
IIJmio×
BIGLOBEモバイル×
Y.U-mobile
(ワイユーモバイル)
×
日本通信×

また、セブン銀行デビットカードやイオン銀行デビットカードで支払いができる格安SIMについては下記の記事をご覧ください。

-格安SIM・格安スマホ
-