格安SIMの必要書類

格安SIM・格安スマホ

格安SIMの契約時に必要な書類は?書類を準備するために役所に行く必要がある?

「格安SIMにしようと思っているけど、その前に必要な書類を確認しておきたい」と思われているのではないでしょうか?

書類を準備するために市役所や区役所に行くのは面倒ですね。

しかし、実は、多くの場合、今自宅にある書類だけで契約をすることが可能です。

この記事では、格安SIMに契約をするために必要な書類を具体的に紹介しています。

ぜひ、格安SIMを契約するまえにご覧ください。

格安SIMの申し込みに必要なもの

格安SIMの申し込みには、基本的に下記の3つの準備が必要です。

  • 本人確認書類
  • メールアドレス
  • クレジットカード

格安SIMの申し込みの際、必要な書類をもらうために市役所などに行く必要があると思っている方もいるかもしれませんが、運転免許証やマイナンバーカードがあれば、市役所に行く必要はありません。

また、ネットで申し込みする場合は、完全に自宅で手続きを完結することが可能です。Web申し込みの場合、申し込みから開通まで1週間程度で開通できます。

それぞれの準備について解説していきます。

①本人確認書類

本人確認書類は、運転免許証やパスポートなど、申し込む人の氏名・住所・生年月日などの記載がある書類が必要となります。

家電量販店や格安SIMのショップなど店頭で申し込む場合はコピーではなく、書類そのものが必要なので注意しましょう。

  • 運転免許証
  • 国民健康保険証 + 補助書類
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード + 補助書類
  • 社会保険証 + 補助書類
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳

国民健康保険保険証や住民基本台帳カード、保険証は、それぞれ1つでは本人確認書類として弱いと判断され、補助書類が必要な場合があります。

補助書類は次のとおりです。

  • 電気・ガス・水道など、公共料金の領収証
  • 住民票、
  • 届出避難場所証明証、
  • 行政機関発行の領収証

などが一般的に利用可能です。

ウェブ上での本人確認書類の提出方法は?

Webで申し込む場合は、本人確認書類を撮影したり、画像をスキャナで取り込んだりしてアップロードを行います。

この方法で申し込む場合は、スマホがあれば自宅で行えるので、店舗に行く必要がありません。

また、Webで本人確認書類を提出する場合、氏名、住所、生年月日がはっきり確認できるかに気を付けましょう。

提出の際、本人確認書類の種類によってはマスキング・黒塗り加工処理をして、必要でない個人情報が見えないようにしないといけない場合があります。

マスキングが必要なものについては、各格安SIM会社によって異なる場合があるので、確認してください。

未成年が契約するときの必要書類は?

18歳未満の場合は基本的に保護者が契約し、未成年者は利用者として登録することが多いです。

また、一部の格安SIMでは18歳未満でも本人契約が可能なところもあります。

18歳以上の未成年の場合、親権者の同意があれば本人契約が可能です。

18歳以上の未成年者が本人契約するときに追加で必要な書類は以下の通りです。

  • 契約者の本人確認書類
  • 親権者の本人確認書類
  • 親権者の同意

本人確認書類として学生証では申し込みができません。そのため、運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、パスポートなどの書類が必要です。

②メールアドレス

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際、キャリアメールは使えなくなります。

そのため、キャリアメールの他に連絡が取れるメールアドレスが必要です。

Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールは、乗り換えを行ってもそのまま使えるのでおすすめです。

キャリアメール以外のメールがない方はYahoo!メールやGmailなどのフリーメールがおすすめです。

フリーメールは乗り換えを行ってもそのまま使い続けられたり、スマホだけでなくPCやタブレットと同期することも可能です。

③クレジットカード

支払いの際必要なので、契約時にクレジットカード情報を登録する必要があります。

格安SIMの支払いには、基本的にクレジットカードしか使えないところが多いので、クレジットカードを持っておくことをおすすめします。

しかし格安SIMによっては口座振替、デビットカードを支払いに使える会社もあるので契約したい格安SIMを確認してみてください。

電話番号をそのまま乗り換えたい場合は、MNP予約番号が必要

現在使っている電話番号のまま、他のキャリアから格安SIMに乗り換えたい場合はMNP予約番号が必要です。

MNP番号を取得するには、現在利用している携帯電話会社へ「解約・MNP転出」を依頼をしなくてはいけません。

「解約・MNP転出」の手続きは多くの場合、電話での連絡が必要です。

MNP番号は、新規申し込みの場合は必要ありません。

また、MNP予約番号は予約日を含めて15日間と有効期限があます。多くの格安SIM会社では、有効期限が短いと、申込できないとしているケースがあります。

実際には、MNP番号をを取得したら、1,2日以内に手続きをする必要があるのが、一般的です。

電話番号をそのまま格安SIMに乗り換える場合は、MNP予約番号の有効期限内に乗り換えの手続きを行いましょう。

格安SIMの必要書類まとめ

webで格安SIMの申し込みを行う場合は、スマホ1つで完結します。

必要な書類自体を揃えて提出するのも、役所などに行く必要はないので簡単にできますね。

格安SIMを申し込む前はこの記事を参考に準備をすれば、慌てる心配はありませんよ。

-格安SIM・格安スマホ
-