格安SIM

格安SIMのメリットとデメリットを紹介!!契約して失敗しない方法を解説

格安スマホにすれば、料金が安くなるのは知っているけど、本当に大丈夫なのか、なんなく心配になってしまいますよね。

「料金が安くなったはいいけど、今までどおりにインターネットが見えなくなった」、「電話ができない」あるいは「逆に料金が高くなってしまった」ってことにならない?と心配でしょう。

ここでは、その格安SIMのメリットとデメリットを徹底的に解説していきます!!

格安SIMの3つのメリット

格安SIMの3つのメリットについて解説していきます。

月々の料金が安く2,000円で利用も可能

格安SIMの最大のメリットとは、名前の通り月額料金の安さです。

大手キャリアの月々にかかる料金は7,000円~8,000円ほどといわれています。

しかし、それに対して格安SIMは月々にかかる料金はたったの2,000円~4000円ほどで済んでしまうのです!なので1カ月だけでも約5,000円、1年間で約60,000円もの節約ができるようになります!

契約時の2年縛りがない

今まで使われていた大手携帯電話会社には契約後、最低2年の利用期間がありましたが格安SIMのデータ通信プランに関しては、基本的に解約するタイミングはいつ行っても問題ありません。

しかし一部の音声通話プランには最低利用期間がありますが、数カ月から長くても1年間の縛りだけで、それ以降はいつ解約しても大丈夫です!

料金プランがシンプルでとても分かりやすい

なぜプランが分かりやすいかというと、格安SIMの場合は基本的に考えることは、SIMのタイプGB数がどれだけ必要なのか。という2つだけだからです。

SIMのタイプとは大きく分けて音声通話SIMかデータ専用SIMの2つに分かれます。

今までの大手携帯電話会社のスマホと同じような使い方がしたいなら音声通話SIMのほうがおすすめです。音声通話SIMの場合、電話番号も発行され電話もできます

データ通信SIMの場合はデータ通信のみが可能で通話はできません。

しかしながら、LINEなどの通話アプリを利用することで、電話のような使い方は利用可能になっているのです。(電話番号は無いので、自分と相手のIDを交換することが別途必要になります。)

さて、ここまで格安SIMのメリットについて説明してきましたが、いいことばかりではありません。これからはいくつかのデメリットを分かりやすく説明していきます

格安SIMの主なデメリット

格安SIMは料金が安いというメリットがありますが、一方でデメリットもあります。

大手携帯電話会社のメールアドレスが使えなくなる!

携帯電話会社が発行している「@softbank.ne.jp」や「@docomo.ne.jp」のいわゆるキャリアメールは、使うことができなくなります。

格安SIMのスマホでメールを使う場合は、独自にフリーのメールアドレスを取得する必要があります。

例えば、無料のメールアドレスであるGoogleの「Gmail」Appleの「iⅽloud」を使えば格安SIMでもメールでのやり取りができるようになります。また、メールの初期設定も自分でやらなければなりません

電話をしすぎると大手携帯電話会社より通話料金が高くなる!

大手携帯電話会社の場合、同じ携帯会社の間では通話料金は無料だったり、かけ放題のプランがあったりするので料金を気にせずに通話をすることができます。

それに対して、多くの格安SIMの場合は基本的に20円/30秒の通話料金が、かかってしまうのです。つまり1分間で40円、10分間で400円の通話料がかかり、割高になっています。

しかし、最近はLINEなどの通話アプリを利用している方が多いので通話料金の高さをデメリットと感じる方は非常に少ないかもしれません。

また格安SIMにもかけ放題プランがあるものも存在するので、どうしてもアプリを使わずに通話をしたいならかけ放題プランのある格安SIMをしっかりと選ぶことで料金の問題は解消されます。

例えば、仕事なので、よく電話を相手にかける人は、注意が必要です。

大手キャリアよりも通信速度が不安定なことがある!

格安SIMでは通信速度が不安定という、最大のデメリットがあります。

なぜかというと大手キャリアの回線の一部を使用しているので、通常より回線を利用するコストを抑えることができますが、その分使用する時間帯によってどうしても混んでしまい通信が不安定になるのです。

例えば、午前7~9時の通勤・通学時間、午後0~2時のお昼休みの時間帯、午後17~19時の退勤時間や下校時間、そして午後21~23時の帰宅後の時間帯などです。

しかし、必ずしも通信が遅くなってしまうわけではありません。それぞれの格安SIMの特徴を理解し選び方を気を付ける事が大切です。

例えば「Y!mobile(ワイモバイル)」はソフトバンク傘下の格安SIMで、基本的にソフトバンクの回線を使っています。自社でも回線を持つ通信会社なので速度は速いので通信速度の不安を解消できるかもしれませんが、大手携帯電話会社のスマホは使えないという特徴もあります。

格安SIMの中でも通信速度の違いは存在するので、通信速度のことを気にしないのであれば問題ありませんが、アプリをよくダウンロードしたり動画を見るのが好きで、速い通信で快適に楽しみたいのなら、特徴を理解して選ぶことをおすすめします!

格安SIMのまとめ

今回は格安SIMのメリットとデメリットを説明していきました。

格安SIMは2年契約の縛りがなかったり、月々の料金が非常に安かったり、料金プランがとてもシンプルといったうれしいメリットがありますが、その反面にデメリットもたくさん存在します。

しかし、デメリットの中の大半はそこまで気にする必要がありません。「通信速度」の問題だけは多くの方が困ることもあるかと思います。

格安SIMによってそれぞれ違うので特徴を理解し、自分に一番合ったものを探してみてください!

【2021年最新】格安スマホが初めての人におすすめしたい19社を紹介!各社の料金もあわせて解説

格安スマホがいろいろと話題になっているけれども、「実際にはどのように選んでいいのかわからない」とお困りではありませんか? 「ちゃんと比較して、今の自分に最適な格安スマホの会社に契約したい」と多くの人は ...

続きを見る

-格安SIM
-