楽天モバイル

楽天モバイルのサービス内容をまとめて解説します

「楽天モバイルをちょっと使ってみようかな?」と思ったときに、楽天モバイルのサービス内容をチェックしたいと思うことでしょう。

楽天モバイルは使うことで、やはり楽天スーパーポイントがさらに効率よく貯まるようになります。今回は楽天モバイルのサービスについて解説していますので、この記事で詳しく解説していきます。

楽天モバイルとは

楽天モバイルとは楽天グループが運営するスマホ会社で主に格安スマホを扱っています。最近だと楽天社長の三木谷氏が携帯キャリアに参入すると会見をして、話題になったことを覚えている人も多いと思います。その三木谷社長が作ったのが楽天モバイルです。

ただ「楽天モバイルってどうなんだろう・・・」と心配な人もいらっしゃると思いますので、楽天モバイルについて様々な視点から解説していきます。

格安スマホとは

格安スマホとはドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリア以外の会社が運営しているスマホのことでMVNOと呼ばれることもあります。

特徴として自社で通信回線を持っておらず3大キャリアに回線をレンタルして通信を行っています。そのため通信回線を維持する費用がなく、3大キャリアに比べて安い料金でサービスを提供できます。

(楽天モバイルについては将来的には自社で通信回線を引く予定であり厳密にいえば格安スマホではないのですが、2020年2月現在では他の格安スマホ同様auの回線をレンタルしているため今回は格安スマホとして解説します。)

しかし、使ったことがない人にとっては3大キャリア以外の会社ってどうなんだろう?って思う人も多いと思います。そこで今回は料金や通信の品質について解説していきます。

3大キャリア、他の格安スマホとの比較(価格編)

最初に3大キャリア各社の一番安いプランを確認してみます。(2020年2月現在)

  • ドコモ

現在一番安いプランはギガライトと呼ばれるプランです。

通信量は1GB、1ヶ月の料金は1,980円(税抜)です。

  • au

現在一番安いプランは新auピッタトプランNと呼ばれるプランです 。

通信量は1GB、1ヶ月の料金は1,980円(税抜)です。

  • ソフトバンク

現在一番安いプランはミニモンスターと呼ばれるプランです。

通信量は1GB、1ヶ月の料金は1,980円(税抜)です。

まさかの3大キャリアがすべて1,980円(税抜)で一緒という結果です。予想外だった人も多いと思います。

では楽天モバイルの一番安いプランを確認していきます。 (2020年2月現在)

  • 楽天モバイル

現在一番安いプランはスーパーホーダイSと呼ばれるプランです。

通信量は2GB、1ヶ月の料金は1,480円(税抜)です。

さらに電話のオプションとして通話一回につき10分間無料がつきます。

3大キャリアと比べると500円も安いという結果です。さらに通信量も1GB多く、電話のオプションもついているのでお得ということが分かります。

次に他の格安スマホ会社と比較していきます。

  • LINEモバイル 1,110円(税抜) ※通話のオプションなし
  • UQモバイル 1,480円(税抜)
  • ワイモバイル 1,480円(税抜)

代表的な格安スマホ会社と比べるとLINEモバイルには負けてしまっていますが、それはLINEモバイルには電話のオプションがないためその分安くなっているからです。1か月に十回以上電話をする人にとっては差がないと言ってよいでしょう。

このように楽天モバイルは他の格安スマホと比べても勝るとも劣らない魅力的なプランがあるということが分かります。

(※上記であげたプランは契約条件によって料金が異なる可能性があります。詳しくは各社の公式ウェブサイトで確認ください。)

3大キャリア、他の格安スマホとの比較(通信品質編)

次に通信品質について比較していきます。

通信品質について直接比較できる情報は公開されていませんが、楽天モバイルは他の格安スマホと違って自社回線を持っています。2020年2月現在は全国に回線がないため一部auの回線を使っていますが、3月までにはすべて自社回線に切り替える計画との予定です。

これが実現すると3大キャリアと同じ自社回線を持っている格安スマホが誕生することになり、3大キャリアと同じ通信品質で価格も安いということになります。

今すぐ楽天モバイルの通信品質が優れているとはいえないですが、将来3大キャリアと同じ通信品質で安いという可能性があるのが楽天モバイルということです。

楽天モバイルのメリット

ここまで楽天モバイルと3大キャリア・格安スマホを比較してきましたが、楽天モバイルには他にもたくさんメリットがあります。

メリット1 契約プランに縛りがない

最初のメリットは楽天モバイルのプランには2年縛りと呼ばれる縛りがないことです。一般的なスマホを契約する際は2年後に更新月というものが設定され、その更新月以外で契約を解消すると違約金が発生します。

しかし楽天モバイルにはこの2年縛りがありません。楽天モバイルが初めて2年縛りを廃止したことでも話題になったぐらいです。よって気軽にプランをやめることができ、自由に契約を変更できるメリットがあります。

メリット2 ネットだけで契約が完結する

次のメリットとして楽天モバイルと契約する際、すべてネット上で完結できることです。楽天モバイルではプランや機種の選択をネットでおこない、必要事項を入力することで郵送で機種本体を宅配で送ってもらうことが可能です。これにより店舗を訪れる必要がなく、時間がない人でも簡単に契約ができます。

メリット3 楽天市場をお得に使える

さらなるメリットとして楽天市場をお得に使えるということがあります。条件を満たせば最大5.5%のポイントを得ることができます。楽天市場でよく買い物をする人におすすめです。

楽天モバイルのデメリット

ここまで多くのメリットについて解説してきましたが、楽天モバイルにもデメリットがあります。ではデメリットについて解説していきます。

デメリット1 通信品質に地域差がある

最初のデメリットとして通信品質に地域差があることがあります。楽天モバイルは現在自社回線に切り替えをおこなっている最中であり、地域ごとに通信品質に差があります。

そのため自分の住んでいる地域の通信状況を確認してから契約をしないと、つながりにくい等のトラブルが起きてしまうかも恐れがあります。ちなみに2020年2月現在では東京・大阪・名古屋等の大都市周辺は問題なく使えるとのことです。

デメリット2 今後料金が変わる可能性が高い

次にデメリットとして今後プランの料金が変わる可能性が高いということがあります。楽天モバイルは現在他社の格安スマホと変わらないですが、近いうちに自社回線に切り替える予定です。

そのため自社回線を維持するための費用が発生することが予想されるため、その費用が料金に反映される可能性が高いです。しかし契約に縛りがないのがメリットでもあるので、プランが変わる際には契約を変更するといった対策も簡単にできます。

少なくとも現在はお得なため楽天モバイルおすすめです。

楽天モバイルのまとめ

最後に楽天モバイルをおすすめしたい人をまとめます。

  • 3大キャリアと同じクオリティの通信をお得に使いたい人。
  • 契約などに縛られず、ネットですべて完結させたい人 。
  • 楽天市場をお得に使いたい人。

このような人には楽天モバイル、ぜひおすすめです。

あなたのスマホ選びにお役に立てると幸いです。

-楽天モバイル
-

© 2021 格安スマホぴったり会議 Powered by AFFINGER5