UQモバイル

UQモバイルの家族割の条件とは?申込み方法からよくする失敗を解説

もし、今あなた、あるいは家族の誰かが、UQモバイルをすでに契約している場合、ほかの家族の人がUQモバイルに契約して、家族割に申し込めば、2回線目が毎月500円割引されます。このように料金が安くなるのであればとことん安くしたいところですよね。

この記事では、UQモバイルの家族割「UQ家族割」についてメリットはどのようなところなのか、家族割の条件、申し込む際どのような点に注意しなければならないのかを徹底解説しています。

UQモバイルの家族割では、他社のプランと比較してどれほどやすくなるかなどについても述べているので、より具体的なUQモバイルの家族割の説明を聞きたいという方にこの記事は非常にオススメとなっています!

UQモバイルの家族割とは?

UQモバイルの家族割は2回線目以降が月に500円割引される、お得なプランです。

親回線を1回線目として9回線目まで割引ができるので、9人家族の場合500×8=4,000で最大4,000円もの割引きができます!

あくまで、2回線目以降の割引となりますので1回線目は割引されないことに注意してください。

対象となるプランの条件

家族割の対象になる料金プランは、スマホプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lとなります。

その他のプランには「家族割」は適用できません。

また、親回線となるプランも上記のスマホプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lいずれかでないといけないので、注意してください。

UQ家族割でどのくらい安くなるの?

次に、実際にどれくらい安くなるのかを具体例を用いて説明していきます。

auの場合

まず、auの月に7GB使えるauフラットプラン7プラスNを4人家族で1年間利用し、そこに5分かけ放題の通話定額プランを加えた場合、

(3,480円×4人×12ヶ月) + (700円 ×4人×12ヶ月) = 200,640円

となります。

またドコモのほうではどうでしょうか。

ドコモの場合

docomoの月に5GB使えるギガライトプランと5分通話無料オプションを4人家族で1年間利用すると、

(4,980円×4人×12ヶ月) + (700×4人×12ヶ月) = 272,640円

UQモバイルの場合

一方、UQモバイルの家族プランで月に9GB使えるスマホプランMを4人家族で1年間利用した場合、

(2,980円×1人 + 2,480円×3人) × 12ヶ月 = 125,040円

となります。

このように、他社のプランと比べてもかなりの価格の差があります。また、この料金のうち18,000円は家族割によって割引されているため、やはり家族割はとても大きいですね。

UQ家族割のメリット

UQモバイルの家族割には、料金が安いだけでなく他にも様々な良い点があります。

電話でも申し込み可能

UQ家族割は、以下の方法で申し込みができます。(公式ウェブサイトでの申込みは不可)

  • 全国のUQスポット、UQ mobile取扱店に来店
  • UQお客さまセンターへの電話をする
UQお客さまセンターの電話番号

新規の場合:0120-959-001

契約中の場合:0120-929-818

受付時間は9:00~21:00(年中無休)

同じ名字、同じ住所でなくても申し込み可能

同一姓、同一住所のいずれかが異なる場合は、家族である証明書(戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同姓のパートナーシップを証明する書類など)を提示すれば、申し込み可能になります。

両親の元を離れ一人暮らしをしている大学生とかにでもUQモバイルの家族割は適用できるので、お金を少しでも節約したい大学生にとっては非常にありがたいですね。

1人で複数回線利用している場合でも申し込みできる

1人で複数回線利用している場合も、スマホプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lの中のいづれかの料金プランであれば、家族割を申し込めます。

UQモバイル公式サイトはこちら

UQ家族割の注意点

UQ家族割には以下のように、少し気をつける点もあるため注意してください。

1回線目(親回線)は割引されない

UQモバイルのUQ家族割では、1回線目は割引になりません。割引が対象となるのは、あくまでも2回線目以降となります。

家族間の無料通話のサービスはない

大手の携帯電話で提供されていた家族間の無料通話サービスですが、UQモバイルではそのようなサービスは一切ありません。つまり UQ家族割を適用されても、家族間の通話は有料です。

ただし、家族間であれば、例えばLINEアプリの無料通話を利用すれば、特に問題ないという人もいるようです。通話料金をおさえるためにもそういった工夫は必要になりそうです。

家族間のデータシェアはない

他社の家族プランだと、家族間でのデータシェアが可能だったりしますが、UQモバイルの家族割ではそれはできません。

ただし、余ったデータ通信量を翌月に持ち越すことはできるので少しお得感がありますね。

データ無制限プラン、データ高速プランは対象外

繰り返しになってしまいますが、家族割を適用できるのは以下です。

家族割対象のプラン
  • スマホプランS/M/L(現行プラン)
  • ぴったりプランS/M/L(旧プラン)
  • おしゃべりプランS/M/L (旧プラン)

 

家族割対象外のプラン
  • データ無制限プラン
  • データ高速プラン

割引されない親回線も上記のプランである必要があるためご注意してください。

親回線を解約するときは先に子回線の契約を変更する必要がある

親回線を解約する際には、先に子回線も解約するか、子回線の親回線を変更しておく必要があるため気をつけてください。

UQモバイルの公式サイトではUQ家族割は申し込めない

オンラインショップで契約をした場合は、契約後に全国のUQスポット、UQ mobile取扱店に来店するか、またはUQお客さまセンターへの電話で「家族割」を申し込んでください。

UQモバイルの家族割の申し込み方法

最後に、UQ家族割の申し込み方について説明していきます。

1. MNP予約番号を取得

今回初めてスマホを購入する場合、この作業は必要ないので飛ばしても良いのですが、他社から乗り換える際には電話番号を引き継ぐために必要な作業となります。

この番号は、現在契約中の携帯電話会社の店舗に出向くか電話をするなどで取得できます。

ただし、MNP予約番号には有効期限があるので、その期限内に契約するようご注意ください。

2. UQモバイルの回線契約をする(SIMカードの購入)

回線契約の際は、UQスポット、UQ mobile取扱店またはUQオンラインショップで申し込むことができます。

ただし、契約をする際には以下の4点を持っていくことを忘れないでください。

  • 本人を確認できる書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 本人名義のクレジットカード
  • MNP予約番号
  • メールアドレス

3. UQ家族割を申し込む

UQ家族割はUQスポット/UQモバイル取扱店またはUQお客さまセンターへの電話のみでの契約となります。

店舗(UQスポット、UQ mobile取扱店)での契約の場合は回線契約と家族割の申し込みを同時にできます。

また、家族内で住所または姓が異なる場合は家族である証明書(戸籍謄本、住民票、健康保険証、遠隔地用健康保険証、同性のパートナーシップを証明する書類など)の提示が必要になるのでご注意ください。

つまり、あとからUQモバイルの家族割を申込むという方法になります。

UQモバイルの家族割まとめ

今回の記事ではUQ家族割について説明してきました。最近は小学生でもスマホを持つ時代になってきているので、家族割といったプランはとてもありがたいですね。

ぜひ、申し込み条件に当てはまる方にはUQモバイルの家族割を利用してみることをオススメします。

UQモバイルの審査に落ちた13の原因を紹介!au未納や他社滞納以外にもある意外な理由とは?対処法もあわせて解説します

「なぜか、UQモバイルの審査に落ちたのか…どうすればいい?」と今あなたは困っているかもしれません。 実は、UQモバイルはたとえ審査に落ちたとしても、申込みは何度でもできます。しかし、審査に落ちてしまっ ...

続きを見る

UQモバイルは未成年の子供名義で契約できる?将来的な視点もあわせてとことん解説します

格安スマホは従来の大手携帯電話よりも大幅に料金が安いため、大人だけでなく、子供にも持たせることを検討している人もいるでしょう。 その際、「いっそのこと、UQモバイルは子供名義で契約してみようかな?」と ...

続きを見る

-UQモバイル
-,