UQモバイル

UQモバイルの審査に落ちた13の原因。その後の対処法を解説します

「なぜか、UQモバイルの審査に落ちたのか…どうすればいい?」と今あなたは困っているかもしれません。

実は、UQモバイルはたとえ審査に落ちたとしても、申込みは何度でもできます。しかし、審査に落ちてしまった原因がわからずに、再度申込みをしたとしても、また審査落ちする可能性があります。

大切なことは、審査落ちした原因を考え、それに合う対策をすること。

UQモバイルの審査に落ちてしまって、どうして落ちたのかわからない、審査に落ちたあと何をすればいいのかわからないという方は、ぜひこの記事を読んでみてください!

UQモバイルの審査の審査に落ちた原因を解説

UQモバイルに申込む際には審査がおこなわれますが、その審査基準は非公開となっており誰にもわかりません。

しかしながら、審査落ちした方の情報を調査していみると、共通する点がありますので、それについて解説していきます。

1.MNP予約番号の取得して2日以内に申し込みできなかった


MNP予約番号には有効期限があり、基本的には15日となっており、よく勘違いしてしまう人が多いのが「15日あるからゆっくり申込みしよう」というケースです。

UQモバイルではこの有効期限を13日間残しておかなければならないというルールが存在するため、有効期限は実質2日なのです。

例えば、月曜日にMNP予約番号を取得した場合、火曜日中に申込みを完了させてなければいけません。

これを知らずに審査落ちしてしまう方は多くいるので、MNP予約番号の有効期限に関しては気をつけてください。「MNP予約番号を取得したら、その日に格安スマホに申し込みをする」ということをおすすめします。

なお、これが原因で審査落ちしてしまったら、再度、MNP予約番号を取得して、再度申し込みをすることができます。このMNP予約番号を再度取得する際にお金がかかることはありません。

2.本人確認書類の有効期限が切れていた

そもそも、本人確認書類(運転免許証やパスポート、健康保険証など)に不備があると審査落ちしてしまいます。

当たり前のことですが、本人確認書類の有効期限が切れてしまっていたり、本人確認書としては利用できないものを提出してしまっていると、審査落ちの原因になってしまいます。

本人確認書類をアップロードする際は、必ず一度それは本人確認書類として利用できるものなのか確認しておきましょう。

UQモバイルで使用できる本人確認書類
  • 運転免許証(写真付きの運転経歴証明書でも可能)
  • パスポート
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは不可)
  • 住民基本台帳カード(写真付きのみ)
  • 身体障害者手帳または、療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 健康保険証 + 補助書類

健康保険証を本人確認書類として使用したい場合には、そのほかに補助書類が1点必要となります。

また、本人確認書類に記載のある住所と現在の住所が異なる場合も補助書類が必要です。

いずれの補助書類は発行より3ヶ月以内で、契約者の氏名が記載されている必要があります。

補助書類
  • 公共料金領収証(電気、都市ガス、水道など)
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関発行の領収証

3.申込みの内容と確認書類の記載が一致しなかった

UQモバイルを申し込む際の入力内容が本人確認書類と異なるのも、審査落ちの原因となります。

名前、住所、生年月日などは全て本人確認書類と同じものを入力しなければなりません。

名前が不一致と判断される事例

「渡邉」と「渡辺」

「齋藤」と「斎藤」

「広澤」と「広沢」

住所が不一致と判断される事例

運転免許証に記載された住所
東京都渋谷区渋谷9-1-1-303

申込みの際に記入した住所
東京都渋谷区渋谷9-1-1 ABCマンション303

(※記載の住所は事例のため架空)

このように 運転免許証には、マンションやアパートなどの建物の名前が記載されていないのに、申込み時の住所では建物の名前を入力して審査落ちするパターンです。

また「2丁目10番」と書類に記載があり、「2-10」と入力した場合も審査落ちする可能性があります。

特に引っ越した時やその前後では、住所の不一致が起きやすいので注意しましょう。

このパターンは審査落ちの中で最も多いものなので、入力内容はぜひ一度不備がないか確認してから提出するよう心がけてください!

4.本人確認書類の写真が不鮮明で確認できない

最後は、本人確認書類の写真が不鮮明、もしくはカメラで撮影する際に光が反射して、文字が記載している項目がよく見えないため審査落ちをするパターンです。

運転免許証の表面には光沢感がありますので、その点は撮影のときに注意が必要です。

光が反射してよく見えないなどは、よくあることなので写真を撮る際は、その撮る方法も考えることをおすすめします。

最終的には提出する画像を自分の目で見て、すべての文字が読めるかを確認することが大切です。

5.MNP乗り換え以外の料金プランで口座振替した選択した

UQモバイルではクレジットカードがない方でも口座振替での支払いができるのですが、この口座振替は他社からMNP(同じ電話番号を引き継ぎ)で乗り換えた方にしか利用できません。

そのため、新規契約(新しい電話番号)でUQモバイルに申し込んだ方やデータSIM(データ高速・データ無制限プラン)で申し込んだ方には利用することができず、審査落ちの原因になってしまいますのでご注意ください。

6.同一名義で6回線以上の契約を申し込んだ

UQモバイルでは一名義あたり最大5回線と契約可能です。この数を超えてしまっている場合は審査に落ちてしまうのでご注意ください。

同じ住所で別の名義での複数の申込みも同一の人物として、カウントされてしまうケースがあるようですので、覚えておきたいところです。

7.複数回線の「90日ルール」の対象になった

また、UQモバイルには「90日ルール」と呼ばれるものがあり、初回契約から90日以内に新規契約できる回線数は2回線までというルールがあります。

このルールを守っていない場合も審査落ち対象となってしまうので、先ほどの「同一名義で6回線以上と契約をしてしまう」ミスと同様に複数回線を契約される方は注意してください!

8.乗り換え前の携帯会社での名義とUQモバイルでの名義が一致しなかった

乗り換えの際、乗り換え前の携帯会社での名義人とUQモバイルでの名義人は原則、同一人物でないといけません。

名義を変えて契約をしたい場合は、乗り換え前の名義人と乗り換え後のUQモバイルでの名義人の2人で店舗に行く必要があります。

9.ドコモやソフトバンク、auの料金が未納になっていた

過去に他社の携帯電話会社で未納や滞納をした場合、他社であっても審査に大きく影響します。なぜなら、各社は料金の支払いが未払いである利用者の情報を共有しているからです。

つまりその情報に照会して、未納や滞納の記録があると「また同じようなことをするのではないか」と判断され、審査に落ちることになります。

もしも現在、ドコモやソフトバンク、auで未納、滞納がある方は今すぐに支払うことをおすすめします。

UQモバイルは、au、そしてビッグローブモバイルと同じKDDIグループ

UQモバイルはKDDIグループの会社です。そのKDDIグループにはau、ビッグローブモバイル、J:COM(ジェイコム)も一緒です。

KDDIグループ内での顧客情報は共有している可能性が考えられ、支払い遅延や未納など過去に金銭的なトラブルを起こしていた場合には、それが影響して、審査に落ちる可能性もあります。

例えば、auひかり回線の料金が未納になっていれば、それはかなり影響する可能性が高いでしょう。UQ WiMAXやジェイコムのケーブルテレビ料金を利用している、あるいは、利用していた場合で料金未納がある場合は注意が必要です。

「料金を滞納」、「クレジットカードでブラックリスト入り」なら、スマホ本体の分割の申込みで審査落ちする可能性も

過去に携帯電話料金を滞納していた場合、スマホ本体の分割購入で申込みをしていたら、審査落ちする可能性があります。

なぜなら、分割支払い(24回か36回)を途中で支払われなくなってしまうと、その分の金額分、UQモバイルが損してしまうことになるからです。つまり24回なら24回に渡ってちゃんと支払ってくれる人を選ぶ必要があるというわけです。

また、クレジットカードで支払いが遅れたなどの金融トラブルを起こしていた場合、個人信用情報に記録されます(いわゆるブラックリストに入っている)。この状態でも審査落ちする可能性があります。

さきほど、説明しましたとおり、これらの料金未納、料金滞納の情報は各社で共有していますので、審査落ちすることになります。

10.本人名義以外のクレジットカードで申込んだ

UQモバイルで使えるクレジットカードは申込者本人名義のもののみとなっているため、本人名義以外のクレジットカードを利用した場合は審査落ちします。

なお、家族名義のカードを使って支払いしたいときは、web申込みではなく、実店舗のUQスポット、UQモバイル取扱店で申込みをする必要があります。店舗での契約に限り、家族名義のクレジットカードを登録できます。

11.デビットカードで支払いの登録をした

UQモバイルでは海外発行のクレジットカードやデビットカードは、利用できない可能性があります。

公式にはデビットカードは発行カード会社によって異なる、としていますが、一般的には使えないことがほとんどのようです。

月額料金の支払いにデビットカードは使えますか?

回答
デビットカードの月額料金お支払いへのご利用は、発行カード会社の基準によります。
詳しくは発行カード会社・金融機関へお問い合わせください。

なお、デビットカードで月額料金をお支払いのお客さまは、 UQ mobileからご請求金額をお知らせする前に、お客さまの口座より月額料金が引き落とされる場合がございます。

出典元:UQモバイル よくあるご質問 No.352

12.海外で発行されたクレジットカードで支払いの登録をした

また、海外発行のクレジットカードについては、海外に移住していた日本人の方、あるいは日本に引っ越してきた外国人の方があてはまりそうなので、注意してください。

クレジットカードで支払いする際は日本国内発行のVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのいずれかを利用するようにしましょう。

最後に、乗り換えの際必要になるMNP予約番号に関するミスで審査落ちするケースをいくつか、挙げていきます。

13.契約者名が小学生以下であった

親権者が料金を支払うつもりでも契約者の名前が小学生の以下である場合は、親権者の名義で契約する必要があります。

なお、中学生以上の未成年を契約者にする場合は店舗で契約する必要があります。

UQモバイルは無職でも契約できる?職業は関係する?

UQモバイルでは、申込みの際に、職業を選ぶ項目があります。「学生」「会社員」「自営業」「専業主婦」「パート」「無職」「その他」です。

そして、「会社員」と「パート」を選ぶと、勤務先の記入が必要になります。

一般的には「会社員」が審査に通りやすく、「無職」が通りにくい傾向があるでしょう。

ただし、年金をもらっている高齢者の方であれば、「無職」であっても特に問題がないでしょうが、例えば、専業主婦ではなく、年齢が30代で「無職」であれば、審査に落ちる可能性があります。

支払いがちゃんとできるのであれば、アルバイトの方でもフリーターの方、無職の方、専業主婦でも審査に通る可能性は十分にあります。

ただし、審査に通りたいからといって、うその情報を入力することだけは、絶対にやめましょう。

UQモバイルの審査に落ちたあとの対処法

結論からいいますと、申込みは何度でもできます。記入ミスをしない、正確な情報を提出するなど改善できることがあるのなら、再度申込みを検討してみてください。

再度、申込みを検討したいケース

「記入ミス」や「本人確認証の不備」ならば、再度、必要事項を正確に記入し、本人確認証などの必要書類を提出し直せば、審査には通る可能性はあります。

しかし、その理由が以下の通りなら、審査が通らないことが考えられます。

再度、申込みをしても、審査に通らない可能性が高いケース

以前使っていた携帯電話会社の料金が「未納」である

これは、携帯電話各社が連携して、未納や支払いのトラブルを起こした人の情報を共有しているためです。そのため、他の携帯電話会社や格安スマホ会社に申込みをしたとしても、審査落ちする可能性が高いです。

前に使っていた携帯電話会社にわずかな金額でも未納になっていたら、その情報はほかの全ての会社に共有されます。

もしも「あれ、もしかして、未納になっていたかな?」でも思ったら、すぐに以前使っていた携帯電話会社に電話して確認してください。未納となっていたからといって、怒られることはありませので、安心してください。その料金さえ支払えばいいわけです。

その未納を支払ったあとで、もう一度、審査に落ちた格安スマホの会社に申し込みをしたら、次は審査が通ったということもあるようです。

くれぐれも、支払いは普段からちゃんとするようにしましょう。

UQモバイルで審査落ちしたときのメール

再度、申込みで審査落ちかどうかを確認するために以下のメールになります。

審査が通ったときのメール

審査が通ったときには、審査が通りましたという内容のメールではなく、SIMカードや端末の発送完了通知のメールが届きます。

審査が通らなかったときのメール

審査が通らなかったときには、審査が通らなかった旨のメールが届きます。

UQモバイルの審査の時間はいつがおすすめ?混雑する時間は?

通常、UQモバイルの審査は1日で完了します。例えば、午前中に申込みをしたら、次の日の午後には審査が完了することもあります。

特に混雑しやすい日にちは、月末を挟んだ5営業としています。例えば1月であれば、1月29日~2月2日は混雑します。

また他にも、3月、4月、キャンペーン期間では、審査に3日ほどかかることも予想されます。

なお、平日とともに土曜日、日曜日も通常通り審査はおこなわれています。

UQモバイルの審査の部署がいつ業務を行っているかは公開されていませんが、参考となる一つとして、UQモバイルのお客様センター(コールセンター)では、年中無休で9:00~21:00まで対応しています。つまり、その時間では、UQモバイルの審査の部署が業務を行っている可能性が高いと考えられます。

UQモバイルの審査でよくある質問

最後にUQモバイルの審査に関してよくある質問にいくつかお答えしていきます。

審査にはどのくらい時間がかかるの?土日も審査できる?

審査にかかる時間は基本的には1日です。土日であっても審査にかかる時間は変わりませんのでご安心ください。

ただ、混み合うシーズン(月末、3月、4月など)ですと、2日や3日など数日かかってしまうこともあるので申し込みはその期間以外でおこなうことをおすすめします。

審査に通ったら合格のメールは届くのか?

審査に通った際の合格のメールは届きません。審査を通った場合、SIMまたは端末の配送メールが届くのでそれが合格の報告になります。

UQモバイルに申込みするなら「店舗」か「公式ウェブサイト」か、どちらがいい?

もしも、あなたが急ぎで「すぐにUQモバイルを今日にでも使用したい」というのであれば、UQスポットやUQモバイル取扱店に行くことをおすすめします。審査が通れば、即日で使用することができます。

しかし、店舗申込みにはデメリットもあります。

  • web申込み限定のキャンペーンに参加できない
  • UQモバイルの店舗に行く必要がある
  • UQモバイルの店舗内で待ち時間がある(混雑時は30分以上)

それ以外は自宅で気軽に申し込みができる、UQモバイル公式ウェブサイトからの申し込みを検討しましょう。ただし、実際に使用するまで、およそ、1週間ほどかかることは覚えておきましょう。

UQモバイルの審査まとめ

今回はUQモバイルにおいて審査落ちする理由や、審査落ちした場合どうすれば良いのかについて解説してきました。

基本的に記入ミスによる審査落ちなどであれば何度でも再度申し込みできるので、ご安心ください!

-UQモバイル
-

© 2021 格安スマホぴったり会議 Powered by AFFINGER5