ワイモバイル

ワイモバイルの料金とメリット解説!月額1,480円は本当か?その条件を紹介

ワイモバイルは、格安スマホの会社でよくテレビCMもされており、ソフトバンクのグループ会社としても知られています。数多くある格安スマホのなかでも知名度も高くこの会社の名前を聞いたことがあるひとも多いのではないでしょうか。

そして、月額1,480円と非常に安い料金プランをアピールしていますが、実は注意したいことが数点あります。「適用される条件を知らなかった」、あるいは契約のときになって「え、そんな条件だったなんて知らなかった」と後悔する前に覚えておきたいことがあります。

そこで、今回は格安スマホであるワイモバイル料金プランやサービスについて解説したいと思います。

格安スマホのワイモバイルとは

テレビやネットの広告で聞いたことがあるって人も多いとは思いますが改めて紹介させていただきます。ワイモバイルとは格安スマホを取り扱う通信業者です。

格安スマホとはドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリア以外の会社が運営しているスマホのことでMVNOと呼ばれることもあります。

特徴として自社で通信回線を持っておらず3大キャリアに回線をレンタルして通信を行っています。そのため通信回線を維持する費用がなく、3大キャリアに比べて安い料金でサービスを提供できます。

しかし、使ったことがない人にとっては3大キャリア以外の会社ってどうなんだろう?って思う人も多いと思います。そこで今回は料金や通信の品質について解説していきます。

ワイモバイルの月額料金1,480円は本当?

ワイモバイルの現在一番安いプランはスマホベーシックプランSと呼ばれるプランです。

通信量は4GB、1ヶ月の料金は1,480円(税抜)です。 しかも電話が通話1回につき10分間無料というオプションがついてきます。

しかしながら、それには条件があります。以下の条件をみてください。

月額1,480円の適用条件
  • スマホベーシックプランS(通常月額料金2,680円)に契約すること
  • 「家族割引」か「おうち割 光セット(A)」を適用させて500円引き(併用不可)
  • 「新規割」は2ヶ月目~7ヶ月目の合計6ヶ月間のみ700円引き

スマホベーシックプランS(4GB)の実際の料金  通常月額料金2,680円

  • 1ヶ月目 2,180円(税抜)
    「家族割」か 「おうち割光セット割(A)」 の500円の割引が適用中
  • 2~7ヶ月目 1,480円(税抜)
    「家族割」か 「おうち割光セット割(A)」 の500円の割引が適用中
    「新規割」の 700円の割引が適用中
  • 8ヶ月目 2,180円(税抜)
    「家族割」か 「おうち割光セット割(A)」 の500円の割引が適用中

つまり、新規割は2ヶ月目~7ヶ月目の合計6ヶ月間のみだけになるので、1,480円(税抜)になるのは、この間だけです。ずっとではないのが、ちょっと残念ですね。

なお、機種代金は別なので、注意してください。

(※上記のプランは契約条件によって料金が異なる可能性があります。詳しくは公式ウェブサイトで確認ください。)

次に通信品質について比べてみましょう。

これに関してはワイモバイルは4年連続でスマホ満足度№1を受賞(産業生産性協議会JCSI調べ、2016~2019年度受賞)しております。もちろん時間帯、場所等の影響があるためすべてではないですが通信品質に関しては3大キャリアとほぼ同等であると言われています。

実際に一番通信が混み合う18時~20時においてもTwitterやインスタグラムがつながらないと言った声はほとんど確認できないようです。

現在の3大携帯電話会社の最安料金は?

最初に3大キャリア各社の一番安いプランを確認してみます。(2020年2月現在)

  • ドコモ

現在一番安いプランはギガライトと呼ばれるプランです。

通信量は1GB、1ヶ月の料金は1,980円(税抜)です。

  • au

現在一番安いプランは新auピッタトプランNと呼ばれるプランです。

通信量は1GB、1ヶ月の料金は1,980円(税抜)です。

  • ソフトバンク

現在一番安いプランはミニモンスターと呼ばれるプランです。

通信量は1GB、1ヶ月の料金は1,980円(税抜)です。

まさかの3大キャリアがすべて1,980円(税抜)で一緒という結果です。予想外だった人も多いと思います。

ではワイモバイルの一番安いプランを確認してみます。(2020年2月現在)

他社の格安スマホとの違い(料金、通信品質)

ここまで3大キャリアとの比較を行いました。次は他社の格安スマホと比較していきます。

まずは料金について、他の格安スマホの一番安いプランの値段は下の通りになります。

LINEモバイル 1,110円(税抜)

UQモバイル  1,480円(税抜)

楽天モバイル  1,480円(税抜)

LINEモバイルには負けてしまってますがそこまで大きな差は無いといえるのではないでしょうか。

次は通信品質で比較してみます。

これも条件によって違うため単純な比較はできませんがワイモバイルは4年連続でスマホ満足度№1を受賞 (産業生産性協議会JCSI調べ、2016~2019年度受賞) しています。よって非常に通信品質が高いと考えられるので他社より優れているとも言えるでしょう。

またソフトバンクの回線を利用しているため日本全国ほぼすべての場所で通信ができることも強みだと思います。

ワイモバイルのメリット

実はまだまだワイモバイルにはメリットがあります。ここではワイモバイルだけのメリットを解説します。

メリット1 他社に比べて店舗が多い

ワイモバイルだけのメリットとして他社に比べて実際の店舗の数が多いことがあげられます。店舗数は専門に扱うワイモバイルショップは100店舗以上ワイモバイル取り扱い店舗は400店舗以上と非常に多いです。

そのため実際に店舗でスマホを見たい人や販売員と相談しながら決めたい人には大きなメリットです。

メリット2 PayPay、Yahoo!ショッピング、LOHACOをお得に使える

またワイモバイルだけのメリットとしてポイント還元で得することができることも挙げられます。特にPayPayはおススメで条件なしでも5%還元、条件を満たせば最大20%もポイント還元を受けることができます。

さらにワイモバイルを契約している方限定でPayPayの支払いをスマホの支払いと一緒に請求してもらえるサービスもありクレジットカードや口座の登録なしで利用することも可能です。Yahoo!ショッピング・LOHACOをよく利用し、PayPayで支払いをする人はもっとも得できるということです。

ワイモバイルのデメリット

しかしワイモバイルにもデメリットがあります。他社と比べてここが物足りないことを解説します。

デメリット1 大容量の通信プランが少ない(最大でも17GB)

もっとも大きなデメリットとして契約プランの中で一番通信量が多いプランでも17GBしか通信量がないことが挙げられます。数年前では7GBほどで十分だった通信量も、最近ではYouTubeやネットフリックスの利用のため20GB以上必要という人も増えてきています。

そのため17GBでは物足りないと感じてします人がいると思います。その場合は個別でポケットWi-fiを用意するなど工夫が必要です。

デメリット2 他社の格安スマホに比べると料金が少し高い

また他の格安スマホに比べると料金が少し高めに設定されていることもあげられます。理由としてワイモバイルはプランの中に通話オプションが含まれているため他社より少しだけ高めになってしまいます。よって通話をほとんどしないという方は「少しだけもったいない」と感じてしまう可能性があります。

しかし通話を1ヶ月に10分以上するという方はワイモバイルの方がお得になりますので使い方に合わせて選ぶとよいと思います。

ワイモバイルのまとめ

 最後にワイモバイルをおすすめしたい人はどんな人かまとめます。

  • 格安スマホを初めて契約する人で通信品質について不安がある人
  • 10分以内の通話をよくする人。
  • Yahoo!ショッピングやLOHACOをよく利用しPayPayで支払いをする人。

このような人にはワイモバイルがおススメなので、検討してみましょう。みなさんのスマホ選びに役立てるとうれしいです。

-ワイモバイル
-

© 2021 格安スマホぴったり会議 Powered by AFFINGER5